サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「残暑の中を」のトップ記事はこちら


180825165821a2.jpg

180825165821
「横浜」駅で目的の駅弁の最後のひとつを手に入れて、帰路につきます

土曜夕方の東海道線は買い物、レジャー、仕事のお客さんでかなりの混雑
3つの駅弁を携帯している事もあって、車窓風景を撮ることは出来ませんでした

都内に入り、「品川」駅で降車

念のため、「品川」駅の「崎陽軒」も確認します

ここに3種類とも有ったら・・・泣きたくなるところでしたが
有りませんでした

その足で、上野東京ライン(常磐線発着)ホームに向かいます

東北・高崎線への上野東京ラインの電車は、上野を出ると、山手線の駅との接続はなくて
この時間だと各駅に停まる山手線か京浜東北線を利用するしかありません
しかし、常磐線だと、上野の次に日暮里駅に停車・・・そこで山手線に乗り換えられます

各駅に停車し、乗降が繰り返されるのが、煩わしく感じちゃうもので
ホンのちょっとでも快速運転があると、そちらを選んでしまうのです
(混み合う、上野駅での乗換も避けられますし)

あと、新駅の様子も見たいし・・・

180825170028a2.jpg 180825170028
先発は通勤型車両の「取手」行き・・・通勤型で15両は最長ではないでしょうか

隣には、近郊型車両の「勝田」行き

今回の記事はちょっと鉄分が濃くなっています

180825170315a2.jpg
180825170315
17時3分、「品川」駅を発車
正面の電留線には、品川始発の常磐線特急が待機中

品川駅付近は、「品川新駅」建設に伴い、配線変更が実施されていて
この東京方面上り線は2016年11月に切換工事が行われたそうです

180825170332a2.jpg
180825170332
駅の姿をなしてきた「品川新駅」の横を通過します

左側の線路は、京浜東北線南行き・・・今年6月17日に切換工事が実施されて
実際に京浜東北線が走行(新駅は通過)しています

180825170402a2.jpg
180825170402
京浜東北線南行き線路の隣は、京浜東北線北行き線路

山手線をオーバークロスする構造は現在と同様

180825170425a2.jpg
180825170425
京浜東北線南行き線路の隣に配置されているのは、山手線外回り線路
・・・まだ準備工事中

その隣の空白部に、山手線内回り線路が敷かれます
複線用架線支柱はすでに設置されています

山手線をオーバークロスする京浜東北線北行きの勾配部
・・・現在の路線より緩やかな印象

180825170943a2.jpg
180825170943
「東京」駅に到着します

東北新幹線ホームに停車中は、「なすの263」号
「はやぶさ」用車両での運用で、何となく得した気分になれそう

180825171157a2.jpg
180825171157
「東京」駅を発車

やってくるのは、「ときわ80」号・・・常磐線特急は殆どが「品川」駅始発に変わりました

180825171247a2.jpg
180825171247
高架線の上に作った高架線・・・ビル6階くらいの高さです

新幹線の高架線の上を走る在来線は珍しいシーンかも

180825171430a2.jpg
180825171430
御徒町駅ホームの横から「上野」駅の場内

180825171746a2.jpg
180825171746
「上野」駅を発車

東北・高崎線の本線上を横切って、常磐線下り線へ

180825171755a2.jpg
180825171755
ダブル・スリップ・スイッチ(両渡り付き交差)分岐器の直進側を進行

180825171920a2.jpg
180825171920
鶯谷駅のホテル街の脇を通って、「日暮里」駅へ向かいます

shinagawa-k.jpg 「品川」駅の構内図です

品川駅の構内は広大で、通常なら探し出すのがかなり困難なのですが
常磐線ホーム近くにあったのがラッキーでした

訪問日:2018年08月25日
つづく(全6回)
関連記事

2018.09.06 


Secret