サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「写真本」のトップ記事はこちら


book011a2.jpg

「まこという名の不思議顔の猫 参 三姉弟のラララな生活」
2009年6月30日 初版
1600円(本体)

2007年に書籍化された「まこという名の不思議顔の猫」の続々編

「続」から1年後、まこ、しおん、しろたろの3匹の生活が続いていました

180916144646a2.jpg

飼い主さん宅での生活もすっかり慣れて、のんびりと過ごす・・・
筈が、活発な「しろたろ」クンが、何かと賑やかす日々

180916144530a2.jpg

ネコだけど、時折見せる表情が、人間っぽいです

ブログはこの本が出版された2009年6月に終了してしまいました
まこたちの顔が見れなくなるのが淋しかったですね

(2011年1月から「ときどきまこ便り」として復活)

book005a2.jpg

「幸せを呼ぶ猫 こまり顔のハチ」
2013年2月22日 初版
1000円(本体)

「宝くじ売り場」のネコ・「ハチ」
末広がりの「八」の字まゆ毛がご利益を生むかも、と人気に・・・

180916144940a2.jpg

店番中?

180916145008a2.jpg

マジックで描いたのでは?と思っちゃうほどの立派な眉

book009a2.jpg

「まこという不思議顔の猫 11年目のまこである。」
2014年2月14日 初版
1200円(本体)

まこがやってきて11年目・・・4年半ぶりの書籍の登場でした


180916145650a2.jpg

新たに「えいた」(永代橋近くでコールタールまみれになっていたのを保護されたそうです)が
家族に加わりました(写真はまこです)


180916145535a2.jpg

相変わらずの人間臭さを感じさせる表情でした


そして、この年の秋
2014年10月11日 まこが亡くなりました

命あるものだから・・・と判っているのですが、ショックでした

個人的に、子供の頃から大学生になるまで一緒だった
ポメラニアンが死んでしまった時の辛さ・悲しみが思い出されました

その思いもあって、犬やネコのように感情を判りあえる生き物を
飼う事をしなくなりました


その後、しばらくの間、まこブログからは離れていたのですが
久しぶりに覗いてみたら・・・

昨年の冬、12月26日、しろたろが心筋症の発作で亡くなったとの事

そして・・・
この本、ブログをおふたりで築いていたご夫婦でしたが
ご主人が2015年秋にお亡くなりになっていたと知り・・・
一読者でしたが、衝撃を受けました

ブログはしおん、えいた、そして新しい家族にんにんが
今も守っています

その1その2その3その4その5・その6・その7・

つづく
関連記事

2018.09.30 


Secret