サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923081049a2.jpg
180923081049
標高250mの西武秩父線「横瀬」駅・・・
秩父盆地の南東部、奥武蔵の山地に接した位置

次駅が終点の「西武秩父」駅、それと
秩父鉄道への連絡線を経由して、「御花畑」駅への分岐駅です

西武線沿線で、彼岸花の名所と言えば「高麗」駅最寄りの「巾着田」が有名ですが
この「横瀬」駅最寄りの「寺坂棚田」も西武鉄道サイトでも紹介される名所

180923081135a2.jpg 180923081135
彼岸花に負けず劣らずの派手な装いの親父さんも
同じ所へ向かう様子

180923081601a2.jpg
180923081601
山小屋風の駅舎ですが、
駅に出入りする方々は意外と都会風

この先、状況が判らないので、トイレを済ませて出発します

180923081621a2.jpg
180923081621
駅前通りも意外と普通です

もっと、山、山、してると思ってました(失礼!!)

180923081949a2.jpg
180923081949
突き当たりで国道に出ます

小学校の金網に大きく、道案内が・・・持参した地図は不要

180923082129a2.jpg
180923082129
雲がかかっている「武甲山」の頂上部に、陽射しが当たっています

巨大な山塊が神々しく見えます

180923082339a2.jpg
180923082339
「左折」だそうです

この国道299号線は、埼玉県入間市と、なんと長野県茅野市を結んでいるとか

あの小海線の小海市を経て、「麦草峠」で八が岳を越えて、蓼科高原を通る
わたし的には、半端なく魅力的な国道です

観光で利用された方も多いのではないでしょうか

180923082526a2.jpg
180923082526
緩やかな上りが始まって・・・

前におひとり、青い看板の下におひとり、その先の森の半ばにおふたり

この時間なら、あまり混雑は無さそう・・・

180923082950a2.jpg
180923082950
道端に白い花・・・蕎麦でしょうか

180923083034a2.jpg
180923083034
稲刈り跡、陽射しを浴びて・・・なぜか郷愁を感じる稲掛けの風景

180923083143a2.jpg
180923083143
棚田のあぜ道に彼岸花が広がります

yokoze.jpg (来シーズンへの情報)30分間隔の送迎バスも設定されています(今シーズンのケースでは)

でも、バスが出発したばかりなら、歩いた方が早く着きます・・・

訪問日:2018年09月23日
つづく
関連記事

2018.09.27 


Secret