サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923120028a2.jpg
180923120028
  完璧な曇り空・・・お昼の12時なのに薄暗くなっています

埼玉県秩父郡長瀞町を流れる「荒川」の河原に降り立ちました

上流側に見えるのは、「秩父鉄道」線の「荒川橋梁」
先程、C58形牽引のSL列車が「三峰口」方面に渡っていきました

その橋梁の先に見えるのが、国道140号線の「親鼻橋」
この橋を渡り、右岸側から左岸に移ってきました

この後、この左岸沿いに、「長瀞」駅へ向かいます

180923120503a2.jpg 180923120503
「親鼻橋」からスタートする「ライン下り」が、下っていきます

SL列車を見た際にもスタートしていたから20分間隔でしょうか

180923120524a2.jpg
180923120524
この河原に降りてきたのは「散策路」上に「虎岩」の案内板があったから・・・。

でも、実際に降りてくると、案内板が見当たりません
「これかな~?」とウロウロしていると、カメラを持った親父さんが
「これ、みたいだよ」と教えてくれて
「何の案内も無いから、判らないよね~」と。

180923120642a2.jpg
180923120642
「虎」の形には見えないし・・・

180923120908a2.jpg
180923120908
上から見たら「虎の毛皮」なのだそうですが、どうすれば上から見れるの?

180923121103a2.jpg
180923121103
「川沿いの遊歩道」だそうです・・・でも、道は右岸側のようです

今回歩くのは、下側の「上長瀞駅」から、そのすぐ上の「長瀞」駅まで。
「遊歩道」のホンの僅かです

180923121220a2.jpg
180923121220
「このまま先に行けますか?」
さっきの親父さんに尋ねると、「行けない」との事なので、一旦、「散策路」に上がりました

所々で、川を望める崖上に恐々と立って・・・水量豊富な荒川です

180923121439a2.jpg
180923121439
ライン下りの乗船客はかなりの数ですが、この道を歩く人は殆ど居ません

道を間違えたか不安になりますが、これらの標識を見るとホッとします

180923121536a2.jpg
180923121536
「上長瀞」界隈では殆ど、旬が過ぎた感じでしたが・・・

180923121740a2.jpg
180923121740
「散策路」から折れて河原に出ると・・・迫力あるの流れが目前に

先ほどの、ゆったりとした流れの川と同じとは思えないような勢いです

nagatoro.jpg 「小滝の瀬」という場所でしょうか・・・。

訪問日:2018年09月23日
つづく(全17回)
関連記事

2018.10.12 


Secret