サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110085225a2.jpg
181110085225
中央本線「中津川」駅に到着しました

ここから先、木曽川が流れる木曽谷に沿って走る路線になります
列車の運行本数も大幅に変化

名古屋方面へは、毎時、特急が1本、快速が2本運転されています

一方、塩尻方面へは、特急は1時間に1本ありますが
塩尻駅まで行く普通列車は、1日に10本だけ・・・
利用しやすい9時~17時台の8時間に4本です

普通列車より特急列車の方が多い路線

181110085458b2.jpg 181110085458
中津川からはレンタカーで巡ります

ペーパーな私だと事故が必至
今回、愛知県にお住まいのYさんが運転・案内して下さるとの事でお言葉に甘えて・・・

先に中津川に来て、レンタカーを手配して、待っていて下さいました

181110090949a2.jpg
181110090949
国道19号線で北上します

眼下に大きな橋が・・・木曽側にかかる「乙姫大橋」のようです

ハンドルを握るYさんには申し訳ありませんが、助手席からパチリ

181110091823a2.jpg
181110091823
紅葉の季節で、道が混み合うか心配でしたがスイスイ進みます

雲の絡みも良い感じの山の連なりです

この橋が県境・・・長野県に入ります

181110092115a2.jpg
181110092115
ダイナミックな雲の動き

181110092138a2.jpg
181110092138
再び、「木曾川」の左岸に移って、対岸には「読書発電所」

周囲の紅葉が鮮やか・・・丁度、良い時期に訪れたのかも~

「読書」は「どくしょ」ではなく、「よみかき」と読むそうです

181110092820a2.jpg
181110092820
鮮やかな彩りに期待感もアップします

それにしても、木曽川の河原がやたらと白いです

181110093350a2.jpg
181110093350
「中津川」駅を出て、約40分
最初の目的地、「阿寺渓谷」への分岐点が近づきます

看板に出ている「フォレスパ木曽」は、プラン検討時に宿泊候補にした施設でした

181110093426a2.jpg
181110093426
国道19号から分かれ、「中央本線」の踏切を渡ります

この辺りは、単線ですね

181110093521a2.jpg
181110093521
ダム湖?のように幅広くなった木曽川沿いに進みます

正面の橋を渡ると「阿寺渓谷」の入口

181110093630a2.jpg
181110093630
阿寺川沿いに谷あいを進みます

この辺りは広い方・・・まだ早い時間帯なので、対向車が少ないですが
出会ってしまったら、どちらかが待避場所までバックしないとなりません

181110094752a2.jpg
181110094752
渓谷入口から約3.5km入って、駐車場に到着しました

広くなったこの場所は、昔の森林鉄道の停車場跡地だったとか・・・
10時前ですが、それなりに駐車中

ここから歩いてみる事にします

訪問日:2018年11月10~11日
つづく
関連記事

2018.11.25 


Secret