サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110130154a2.jpg

181110130154
長野県・「柿其渓谷」の「牛ケ滝」

2009年に初めて訪れてから、9年ぶり

著名な滝は数多くあります
落差も段違いに大きいのがありますが・・・
この「牛ケ滝」は個人的にベスト3に入るかも、って思った滝でした

ま、自分の足で行ける場所がかなり限定的で
見に行ける「滝」自体が少ないですが・・・


181110130228a2.jpg
181110130228
近くで見たシーンばかりだと、滝の大きさが判りにくい事も・・・。

一番高い所にある休憩所から見ると、こんな感じでしょうか

181110130520a2.jpg

181110130520
滝の落差は、25mとか、30mとか、35mとか・・・
検索したのですが、様々な数値が出てて、よく判りません

181110130817a2.jpg

181110130817
最終段の上に見える流れ
よく何段にもなっていて、落差はそのトータルにしているようです

この「牛ケ滝」の落差の数値差もその辺りからくるのでしょうか

181110130949a2.jpg

181110130949
特徴は、この滝壺が大きな池状になっている事

エメラルドグリーンの水が広がり、綺麗です

181110131011a2.jpg
181110131011
1994年頃までは滝壺近くまで遊歩道が確保されていたそうです

現在は、途中の展望台まで・・・。

181110131209a2.jpg
181110131209
流れ落ちる滝の水量も豊富です

181110131442a2.jpg

181110131442
9年前と比べると、流れてきた水が垂直に落ちるポイントが2mほど
低くなった感じ・・・浸食によるものでしょうか

181110131703a2.jpg
181110131703
東屋から展望台へ下る階段・・・新しいですね

kakizore02.jpg
この「牛ヶ滝」の奥にも多くの滝が連なっている「柿其渓谷」

Map上部にある「忠兵衛峡」までは、一旦「恋路の吊橋」まで戻ってから
片道約6km、90分の行程・・だそうです

「柿其渓谷」、じっくり巡るなら、こちらも1日がかりかもしれません

訪問日:2018年11月10~11日
つづく
関連記事

2018.12.04 


Secret