サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110131745a2.jpg

181110131745
東屋までの階段途中から見える「牛ヶ滝」

よく、この絶壁状の崖に階段を設けたもの・・・感嘆します

181110131859a2.jpg
181110131859
東屋から反対側の階段を下っていきます

しっかりしていますが、落ち葉で滑りやすい・・・手すりに掴まりながら慎重に。

181110132605a2.jpg

181110132605
午後1時半すぎで、柿其川には陽射しが届かなくなっています

181110132701a2.jpg
181110132701
「恋路のつり橋」まで戻ってきました・・・往復で約1時間

「牛ヶ滝」への往復の間、すれ違ったのは3~4組のグループでしょうか
アクセスの不便さが幸いして、静かな散策が楽しめました

181110135627a2.jpg
181110135627
駐車場の手前、温泉宿「いち川」さん
「いわな塩焼定食」の幟に惹かれて?こちらでお昼ご飯にします

プランニング時、何度もここを宿に考えました

181110135554a2.jpg
181110135554
車利用ではなく、麓(十二兼駅)から歩きの場合、ここに泊まるしかありませんが
万が一の雨天を考えると、この奥地に泊まるのはかなりリスキー

雨天時にも潰しが効くプランを選択出来る場所に泊まる事を優先せざるを得ません

181110133325a2.jpg
181110133325
Yさんも私も「岩魚塩焼定食」を選択

181110134117a2.jpg
181110134117
出てきた定食・・・Yさんも「(岩魚の)向きが逆では?」と
串の打ち方で、こうなっちゃったのかな?

もう1点、「岩魚」が予想していたのとはちょっと違ってた

生の岩魚を焼いたモノを想像していたのですが、干物っぽくて
手に持っても身が崩れません
でも、骨までかぶりつく事が出来ました

岩魚より、お味噌汁に感動
キノコがたっぷりと入っていて、とても美味でした

181110135653a2.jpg
181110135653
食後・・・宿の前の山は紅葉真っ盛り

駐車場で、到着したばかりの老夫婦が「(滝を見に行くか)迷っている」と・・・
お2人共、山歩きの装いだし、
「ここまで来たら、見ないと(後悔しますよ)」とお奨めを・・・。

kakizore01.jpg 「きこりの家」前の駐車場から、山を下っていきます

訪問日:2018年11月10~11日
つづく
関連記事

2018.12.05 


Secret