サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111093211a2.jpg181111093211
長野県上松町の「寝覚めの床」

「裏目覚め」を巡ろうとしたのですが、崖崩れで進入禁止と・・・残念ですが諦めて
チェックアウトの時刻も近づいてきたので、町営駐車場経由でホテルへ向かいます

その出入り口付近に紅、黄、橙、緑が楽しめるモミジ

「寝覚めの床」見物の殆どのお客さんは気づかない「モミジ」
人知れず、頑張っている姿に応援したくなります

181111093305a2.jpg 181111093305
駐車場に出ると、正面に荒々しい雰囲気の山の姿

「木曽駒ヶ岳」(2956m)の方角ですが・・・

181111093438a2.jpg
181111093438
この辺りからは「木曽駒ヶ岳」は見えないそうで
左側が「麦草岳」(2733m)、その右に見える尖った岩は「牙岩」(2676m)、
右側の峰が「木曽前岳」(2826m)

「木曽駒ヶ岳」は「前岳」の奥に位置しているそうです

9年前、「赤沢自然休養林」から帰る途中に撮ったのがこちら2枚

090823u2.jpg 「木曽前岳」の背後にちょこっと見えるのが「木曽駒ヶ岳」?
その右側は「宝剣岳」でしょうか・・・
090823v2.jpg 右側の「木曽前岳」、その背後が「木曽駒ヶ岳」?

181111094033a2.jpg
181111094033
大きく蛇行している「木曽川」の谷の向こう側に見えるのが「上松」の町

正面奥の方にパラボラアンテナっぽいのが見えますが、国土交通省の出張所
・・・駅はあそこから800mくらい先、結構、遠いです

181111094323a2.jpg
181111094323
ホテルへのエントランスへの坂からも麦草岳~木曽前岳の山並みが望めます

この後、ホテルをチェックアウト
乗車予定の電車は「上松」駅発10時56分ですので、あと50分くらい
・・・余裕があります

181111095626a2.jpg
181111095626
駅へ向かう前に土産物屋の駐車場から・・・。

この辺りが、定番の撮影スポットのようです

181111100027a2.jpg
181111100027
右下の芝生が「寝覚めの床 美術公園」・・・真っ赤に染まったモミジや浦島のオブジェがあった場所

電車が来ないかな?と
スマホで時刻表を確認していると・・・

181111100144a2.jpg
181111100144
急に登場・・・臨時「ワイドビューしなの81」号

181111100151a2.jpg
181111100151
4両の短い編成・・・「上松」9時56分発なのに、この場所で5分遅れ

景勝地「寝覚めの床」も徐行せずに、かっ飛ばしていきました

181111100439a2.jpg
181111100439
駅へ向かう途中・・・路地の奥に「ねざめの床」入場口との看板が・・・。

9年前はここから入った記憶が・・・確か有料だったような。

こちらからだと「上がれる岩場」が近くて楽なのでしょうか?

でも同じ景勝地なのに、有料と無料があるのはなぜでしょうね
有料分はお寺(臨川寺)の拝観料って事かな

181111100512a2.jpg
181111100512
その隣が、食料調達でお世話になった「7-11」

「開いてて良かった」

181111100655a2.jpg
181111100655
昨夜、ボヤッ~とみえていた行灯風の「上松宿」

国道19号線(バイパス)での案内板でした
市街には、左の軽トラが通る道へ・・・。

181111101219a2.jpg
181111101219
駅までの道、1/4ほど歩いて、10秒ほど、「コスモス休憩」

181111102106a2.jpg
181111102106
「上松」の街が眼下に広がってきて・・・駅の跨線橋が見えてきました

agematsu.jpg

次回は、赤沢自然休養林と裏寝覚を巡りつつ
阿寺渓谷か柿其渓谷の奥を探索してみたいですね

訪問日:2018年11月10~11日
つづく(全33回)
関連記事

2018.12.14 


Secret