サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111115109a2.jpg 181111115109
中央本線「塩尻」駅、3番線ホーム

停車しているのは、中央(辰野)支線経由、「辰野」行き、E127系電車

これから、「辰野」駅まで往復・・・ただ乗るだけです
しばらく鉄分の高い記事が続きますがご容赦を・・・

181111115243a2.jpg 181111115243
12時12分の発車までホームをプラプラします

「広丘」駅は、「松本」方面篠ノ井線、「みどり湖」駅は、「新宿」方面中央本線
そして「小野」駅は、これから向かう中央(辰野)支線の駅

このホームからは、名古屋方面中央本線の列車は発着しないので省かれています

勘違いしやすいのが、「松本」駅は中央本線の駅と・・・。
中央本線は、東京から名古屋までの路線なので、松本は別路線の駅でした

181111115413a2.jpg
181111115413
左へ行くと、甲府・新宿、右へ行くと、中津川・名古屋

ここが東京と名古屋の分岐点・・・と思うと不思議な感覚

181111115427a2.jpg
181111115427
名古屋を10時に出た「ワイドビューしなの7」号が到着

181111120337a2.jpg
181111120337
長野11時発の「ワイドビューしなの10」号が木曽路へ

181111120935a2.jpg
181111120935
看板と被っちゃった・・・松本12時発「あずさ16」号が甲斐路へ

「スーパー」でない「あずさ」にもE353系が増殖中

新宿、名古屋から、それぞれ毎時1往復が行き来している「塩尻~松本」間
隠れた、特急比率の高い路線かも

181111121316a2.jpg

181111121316

「辰野」行きが発車

ポイントを渡って、真っ直ぐな線路となる付近が
旧「塩尻」駅のホームがあった場所

shiojiri75.jpg 旧塩尻駅のあった場所です
短絡線(塩嶺トンネル)開通前、新宿から名古屋方面へは直通が可能でしたが
名古屋~松本・長野は、塩尻駅でスイッチバック式での運行でした

181111121415a2.jpg
181111121415
真っ直ぐ進むと、中央東線「短絡線」

電車はポイントで右へ・・・以前の、中央本線「辰野」駅へ向かいます

181111121445a2.jpg
181111121445
いきなりローカル感がある路線風景に・・・

でも、ここを1983年までは特急「あずさ」が走っていました

実際は、急行「アルプス」乗車の方が多かったのですが、
松本への行き帰りではこの線路を辿っていました

現在の「塩嶺トンネル」(中央東線短絡線)経由になってから
通過する事がなかったので、最低でも35年ぶりです

tatsuno.jpg 当時は、「長野道」も未開通

「長野道」に絡んでいる一般道のジグザグ模様が
岡谷、塩尻間の山の険しさを物語っています

訪問日:2018年11月10~11日
つづく(全33回)
関連記事

2018.12.17 


Secret