サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

突然のお猿さん出現で焦りましたが、一の倉沢出合へ急ぎます

131019110652a2.jpg
13.10.19.11:06.52.
一の倉沢出合に近づいて来ました

往路の時と違い、山の上の方まで見えます



131019110835a2.jpg

13.10.19.11:08.35.
今まで訪れてきた、山の風景では
それなりに名称を調べられたのですが
この谷川岳の岩峰の資料がなかなか見つからない上
素人の私にははっきりせず・・・

手前がシンセン岩峰・・・でしょうか?
奥が谷川岳「オキノ耳」?

谷川岳は、夏に見た鹿島槍ヶ岳のように
双耳峰って聞いてたのですが・・・
頂きが沢山、ありすぎるような
位置的に、もうひとつの耳は見えないのかも・・・


登攀される登山家の方なら判るのでしょうが・・・


131019110901a2.jpg

13.10.19.11:09.01.
往路では、霞んで見えた雪渓もはっきり

更にその上・・・雲の中で判らなかったのですが
断崖絶壁が広がっていました


131019110906a2.jpg

13.10.19.11:09.06.
ガスが漂う岩壁

往路では全く見えなかった岩壁が見えただけでも
ラッキーなのかも


131019110920a2.jpg

13.10.19.11:09.20.
近くの色づいた木1本を置いて・・・の一枚

早過ぎた訪問でした

131019111115a2.jpg
13.10.19.11:11.15.
一応、一の倉沢出合からは
谷川岳と一ノ倉岳が見えるそうです

左のピークが谷川岳、右のピークが一ノ倉岳
・・・で、良いのでしょうか?


131019111204a2.jpg

13.10.19.11:12.04.
時間の経過と共に、
ガスが少しずつ抜けてきている感じです


131019111233a2.jpg

13.10.19.11:12.33.
一の倉沢出合から見える、左側の岩峰
・・・これが「ドーム」と言われる山塊?



131019111252a2.jpg

13.10.19.11:12.52.
右側正面の岩峰

右の垂直の岩壁が衝立岩・・・ですよね

衝立岩と言えば、宙吊り遺体を収容するために
ザイルを自衛隊が銃撃して切断した事で有名・・・

救助隊が収容する事も出来ない・・・
それだけの難所として、全国に知られる事になりました


131019111309a2.jpg

13.10.19.11:13.09.
雲が殆ど消えて、全貌が見渡せます

これで青空で紅葉していればパーフェクトだったのですが


131019111336a2.jpg

13.10.19.11:13.36.
衝立岩

その上の稜線上にある凹み・・・
「ノゾキ」という所のようです。
その右の凸の部分は、「烏帽子岩」

中腹より上は紅葉しているようです

つづく

関連記事

2013.11.04 


Secret