サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302125010a2.jpg
190302125010
大井川鐵道「新金谷」駅に到着

駐車場横の転車台に、早速、SLが展示中

大分、錆びちゃっていますが、「C12164」・・・「C12形」164号機
中央西線、木曽福島で引退

ここ大井川鐵道で動態保存・営業運転していましたが、昨年から運休となったそうです

190302125631a2.jpg 190302125631
今回のツアーは、東京を始め、名古屋、静岡からも参加
3台で91人との事ですが・・・

募集時、催行200名と掲示されていて、それだけの人数があの駅を訪れたら、
相当の混雑と予想し、三脚携帯をやめていたのですが・・・

190302125259a2.jpg
190302125259
「大井川鐵道」では、現在4両のSLが営業運転中

190302125115a2.jpg
190302125115
構内に2両のSLが待機中

右側が、「C10形」8号機・・・1930年製造、会津若松機関区で引退後、岩手県で復活。
1990年休車後、1994年、大井川鐵道に転属、営業運転中。

左奥が、「C56形」44号機・・・1936年製造、タイ国鉄で使用後、1979年、大井川鐵道へ。
2011年から国内仕様で営業運転中。

その他にも、元近鉄特急16000系と、元東急電鉄7200系の姿が見えました

190302125509a2.jpg
190302125509
旧型客車の姿も・・・
ブルトレ色は「スハフ43」、「かわね路」のマークを掲げた「オハ35」

他に、元西武電車を改造した、白帯の「スイテ82-1」の姿も。

190302130129a2.jpg
190302130129
「新金谷」駅舎前には、お馴染みのトーマス

190302130319a2.jpg
190302130319
列車の発車まで、駅舎前の「プラザ・ロコ」へ

休憩スペースや土産物売り場の奥にも展示車両が・・・。

「1」のマークのSLは、1921年製造、元一畑軽便鉄道で活躍していたそうです

190302130430a2.jpg
190302130430
「Cスロフ1」形・・・1953年製造。定員16名の井川線専用の客車

190302130439a2.jpg

190302130439
その車内

当初は貴賓車両として利用されたそうです

190302130456a2.jpg
190302130456
「1275」・・・1922年製造

この後の行程では、お店が少ないとの事で、お土産をここで購入
バス座席に置いて、身軽な姿で客車に乗る事にします

190302130538a2.jpg
190302130538
孫が熱中しているプラレール・・・プラン参考に撮影

大がかりですが、高架部分はただ廻るだけの構造でした

訪問日:2019年03月02日
つづく
関連記事

2019.03.30 


Secret