サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「久しぶりの鎌倉」のトップ記事はこちら

190518115126a2.jpg

190518115126
鎌倉市にある「散財ガ池森林公園」を巡っています

園内にある、散財ガ池・・・通称「鎌倉湖」を、往路は「馬の背の小径」
復路は「のんびり小径」でぐるっと1周中

「パノラマ」展望台?を下ってきて、「鎌倉湖」の水面が見えてきました

190518115649a2.jpg 190518115649
足下に隙間のある「橋」で沢を渡ると、苔蒸した、巨大な岩

ここの前に訪れた「今泉不動 称名寺」でも露出した岩肌を見ました
そう言えば、鎌倉の名所「銭洗弁天」も岩盤に囲まれています

鎌倉の地層、地形の特徴のひとつでしょうか・・・

190518115807a2.jpg
190518115807
その先に・・・崖の斜面に向かって、門柱が立っています

表札があった跡やポストの穴があり、元住宅だった模様、それもかなり立派な(想像ですが)

草木が生い茂っていますが、背後ははっきりと判る急斜面・・・
こんな所にお屋敷があったのでしょうか?

190518120034a2.jpg
190518120034
静かな池面が広がります

対岸の方から、グループ客の声が・・・12時になり、お弁当タイムのようです

そう言えば、この公園内では、まだ人の姿を見ていません

「称名寺」でお散歩の人を見かけた後、この森林公園に来たけど
誰ともすれ違っていません

静かすぎる「鎌倉」です

190518120347a2.jpg
190518120347
鬱蒼とした木々の葉が水面近くまで伸びています

190518120445a2.jpg

190518120445
長野の「〇×高原」の池と言っても、信じてもらえそう

190518120717a2.jpg
190518120717
池の主・・・かも

190518121037a2.jpg
190518121037
珍しく、公園らしい道を歩いて、入口へ向かいます

190518121111a2.jpg
190518121111
往路では、崖下に見える「せせらぎの小径」を歩きました

撮影データーから・・・入口を入ってから、ここまでで1時間10分の滞在時間

今回、殆ど休憩はしていないので・・・訪問プランを立てる際は
滞在時間は1時間半~2時間前後を見込むと良いかと思います

撮影日:2019年05月18日
つづく(全15回)

本日は日帰りで栃木の方を巡ってきますので
お伺い・お返事が遅くなるかと思います
ご容赦ください


関連記事

2019.06.08 


Secret