サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「下見のつもりでツアー」のトップ記事はこちら

190623190716a2.jpg
190623190716
関越道の終点、都内練馬区にある「練馬IC」
下道と合流する「三軒寺」の交差点が見えてきました

清瀬市のJR「武蔵野」線のアンダーパスから約8.3kmを7分で走行

途中、ETCですが料金所を通過・・・そんな道をバスが平均速度71.1km
運転手さん、飛ばした方ではないでしょうか

結構、一般車を追い抜いてたし・・・2車線の高速道で
真横を大型バスが爆走・追い抜きしてきたら、一般車の運転手さん、緊張でしょうね

190623191633a2.jpg 190623191633
西武池袋線をアンダークロスして「練馬」駅近く

個人的には、ここでおろしてもらって、電車で帰ると帰宅が早まるのですが
渋滞で遅れた場合でもそうはいかないものなのでしょうか・・・

190623193031a2.jpg
190623193031
「山手通り」に入り、JR中央線「東中野」駅前
JRの駅ビル「アトレ」、増えましたね

190623193637a2.jpg
190623193637
前方にも、大型バスが・・・同じく「新宿」を目指しているようです

以前はずっと、個人プランでの旅ばかりでした
主に鉄道を利用、現地で路線バスとか歩きとか・・・。

でも路線バスは、利用者減少による採算悪化で、本数減や廃止が増えて
ペーパーな私が行けない場所も増えてきて・・・。

そんな所だと「ツアー」に頼るようになりました

また、個人だと費用が嵩んだり、接続等での時間のロスもある一方
ツアーだと、団体料金適用で、個人旅より廉価のケースも・・・。

昨年だと、「飯田線」、「たんばら高原」、「特別列車なごみ」がツアー旅
今年も「奥大井」、「岐阜」、そして今回の「清津峡」
いずれも日帰りツアーです

これらを個人で同じルートで辿ると、宿泊しないと難しい・・・。

以前、「立山・黒部アルペンルート」や「蔵王樹氷」も1泊のツアーで参加
現地では団体用臨時便が運行されて、行程上のメリットも多いです

また、飛騨高山・白川郷方面の場合もツアー利用でしたが
往復は、宿と鉄道のみ指定のJRのパック旅、現地では地元の観光バスを利用

価格は団体並みで、自由度はひとり旅に近い旅でした

190623193836a2.jpg
190623193836
「新宿」高層ビル街が見えてきました

まだ机上のプランですが・・・ツアー参加を考えているのが
「付知峡(岐阜)」、「赤沢自然休養林」、「麦草峠(長野)」辺り

個人プランだと、「加茂水族館」、「板谷峠」、「雨晴海岸」に
行きたいと思っているのですが・・・

「加茂水族館」は具体的に検討中です
只、個人旅で、「板谷峠」+「加茂水族館」で巡るか

仙台発着の「加茂水族館」ツアーに参加するか、迷っている所・・・

190623193934a2.jpg
190623193934
正面に、新宿駅西口の「小田急百貨店」が見えてきました

到着場所は、運転手さん次第です

道の左側には、到着したツアーバスが連なっていて・・・
この辺りに停車は無理そう

190623194304a2.jpg
190623194304
ベストな場所で停車・・・プランよりは40分遅れです

当初から遅れが生じた上、終盤、事故渋滞があった割には
遅延時分は増えませんでした・・・運転手さんのお陰です

着く前、後ろの座席の女性2人組参加者さんの会話が聞こえてきました・・・

「一番最初は(男性客の)トイレが遅れの始まりよね」
「(トイレに)寄らなければ、(転倒した女性客の)怪我も無かった訳だし・・・」

確かにそうかも・・・
電車旅の帰路では、いつもアルコールを飲んでいる私でも
バス旅の場合、水分は控えてるんだし

190623201325a2.jpg
190623201325
ツアー恒例の土産物屋さん等への頻繁な寄り道の結果です

手前左・・・下仁田ネギ使用の「焼ネギなめたけ」(沼田の漬け物屋さんで購入)
手前中央・・・サーモンの「越後味噌漬・八海山粕漬」(ツアー会社提供)

奥左・・・「さくらんぼ(佐藤錦)」(さくらんぼ狩り会場で)
奥中・・・「柿の種ホワイトクランチ」(昼食会場で)
奥右・・・「青唐がらし味噌」(同・昼食に出て美味しかったので)

結果、荷物が一杯状態で「新宿」駅から電車に乗って帰りました

バス車内では楽だけど・・・帰りの電車の事も考えないと

撮影日:2019年06月23日
終わり(全16回)

関連記事

2019.07.23 


Secret