サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「案山子と石」のトップ記事はこちら

190721092851a2.jpg

190721092851
終点「西武秩父」駅まで、あとひとつの「横瀬」駅
対向列車との待ち合わせで停車中です

停車して4分・・・やってきたのは特急「ラビュー」
西武鉄道の新型特急電車です

車庫に停車している姿を車窓からチラリと見た事はありましたが
まともに見るのは初めて

190721092937a2.jpg 190721092937
噂には聞いていましたが・・・窓がデカい

車窓をたっぷり楽しめそう・・・そうですが
座席は後ろ向きです

「秩父特急」の場合、この先の「飯能」駅でのスイッチバックで
座席の向きを変えずに済むよう、あらかじめ逆向きにしています

個人的にはスイッチバックで、向きを変えたいのですが
前後の席のお客さんが睡眠中だったりだと変えられないのですよね

同様な事が、秋田新幹線の「大曲-秋田」や
高山線特急の「ひだ」の「名古屋-岐阜」でありますね

190721093032a2.jpg
190721093032
発車していきます・・・先頭部も丸いですね~

ん?ホームにはまだお客さんが居るんですが・・・

190721093215a2.jpg
190721093215
停車して8分後・・・今度は普通電車がやってきました

次駅が終点だと言うのに、ここで「2本待ち」でした

190721093249a2.jpg
190721093249
正丸峠を越えてから、空が明るくなった感じでしたが・・・
雲の隙間から青空が見えています

190721093421a2.jpg
190721093421
やっと発車

大きく左カーブをしながら、トンネル(羊山隧道)に突入

「芝桜」で有名な「羊山公園」はこのトンネルの上

190721093450a2.jpg
190721093450
トンネルを抜けると、今度は右に大きくカーブ

「秩父」の市街地が広がります

190721093540a2.jpg
190721093540
複雑な分岐の先に「西武秩父」駅のホームが見えてきました

haisen.jpg 「西武秩父線」から「秩父鉄道」への乗り入れは東西2方向

乗り入れする「快速急行」は「横瀬」駅で分割・併合
「三峰口」行きは、「西武秩父」駅に停車後、向きを変えて、秩父鉄道線に乗り入れます
「長瀞」行きは、「西武秩父」駅手前の分岐で秩父鉄道線に乗り入れます

190721093734a2.jpg
190721093734
この後の「三峰口」行きの到着は約10分後

朝食が買えるか、駅舎に向かってみます

「武甲山」はちょっぴり雲が切れてきましたが、全容は見えません
(「氷柱」訪問の際、同じ場所から夕方のシーンです)

20190721chichibu06a2.jpg 「横瀬」駅と「西武秩父」駅のS字ルート、不思議です

元々の計画は、「御花畑」駅の北(上部)にある「秩父」駅に接続したかったのでは?
何らかの理由で、変更となり、大きくS字を描いたように思えるのですが。

撮影日:2019年07月21日
つづく

関連記事

2019.07.27 


Secret