サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「案山子と石」のトップ記事はこちら

190721103449a2.jpg
190721103449
漢字で「贄川宿」と検索すると、
殆ど「中山道」の「贄川宿」がヒットするかと思います

長野県塩尻市にある「にえわじゅく」・・・JR中央西線の駅にもあります

一方、秩父の「贄川宿」・・・読み方は「にえわじゅく」、「か」が濁ります

「秩父鉄道」の「三峰口」駅から徒歩10分ほどの場所です

今回、当初、「三峰口」駅からバスで、奥にある「滝」を見に行くプランを
立てていたのですが、雨続きで足下が不安な上

様々な紹介記事を見ると、観光客も映っていない道を往復1時間歩く
そして、目立ったのが「クマ注意」の警告板

路線バス(地域バス)は2時間に1本で、何があっても120分前後は
その辺りに居続けないとならない

雨が降りやすい梅雨の時期に、そんな所に行くハイカーも少なくそうだし
ひとりで訪れるのはちょっと怖い・・・・と結局、取りやめた(延期した)のですが

その帰り道にどこか寄り道に適した所は無いかな?と
探していた時に、見つかったのがここ

「かかしの里」です

190721103606a2.jpg
190721103606
分岐から少し入った所にある「観光トイレ」

「秩父御岳山(ちちぶおんたけさん)」への登山客用に設置したのだと思いますが
この「かかしの里」訪問客にも便利ですね

自販機、登山ポストも併設、ベンチで荷物の整理も出来ます

190721103622a2.jpg

190721103622
この道にもクマが出たのですね

190721103652a2.jpg
190721103652
トイレ脇に咲いてた「紫陽花」

今シーズンはタイミングを外してしまって・・・これが自然の初「紫陽花」

190721103713a2.jpg
190721103713
その横には、白い葉っぱと白い花・・・「半化粧」?

190721103750a2.jpg

190721103750
鼻筋の通ったお父さん?

190721103820a2.jpg
190721103820
オシャレなお嬢ちゃんたち

よく見かける「案山子」とは違って、とてもスタイリッシュないでたちです

「秩父御岳山」は標高1080m、駅から標高差は約760m、2時間ほどの歩行だそうです

190721103844a2.jpg

190721103844
ガレージ?の庇状の屋根の下で・・・
懐かしいタライでお洗濯するお母さん

190721103900a2.jpg
190721103900
「町分区公会堂」の玄関脇

この付近で切り出したのでしょうか?丸太イスに座っています

20190721chichibu11a2.jpg 「秩父御岳山」は眺望が素晴らしいそうです

等高線を見ると、最初と最後に急登があるようです

撮影日:2019年07月21日
つづく

関連記事

2019.08.02 


Secret