サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「案山子と石」のトップ記事はこちら

190721112741a2.jpg

190721112741
「諏訪神社」から街道筋に戻ってきました

その分岐にあるのが、このお地蔵様
供えられた生花からも、地元の方に大切にされているのが判ります

手前脇に立つのは「
お庚申様の塔」・・・別の場所から移されてきたそうです

190721112804a2.jpg 190721112804
左側の柱には「秋深し 地蔵のおん瞳の のどかなる」の句

190721112822a2.jpg
190721112822
屋根付きの「由来」板

次は「小学校」方面の道を辿ってみます

190721113157a2.jpg

190721113157
緩やかに上って行くと、東側に視界が開きます

手前に見える橋は、国道140号に架かる「八幡橋」
橋の下には「贄川沢」が流れているそうです

190721113305a2.jpg
190721113305
小学校まで上がってきましたが、案山子は見当たらず・・・。

190721113418a2.jpg
190721113418
校庭が広いです

190721113747a2.jpg
190721113747
また道端の花でお茶を濁します

「月見草」でしょうか?

190721113801a2.jpg
190721113801
金平糖みたいな「ヒメツルソバ」の花?

190721113915a2.jpg
190721113915
帰り道は、崖下に見えた道に下りてみます

190721114029a2.jpg

190721114029
用水路を渡った先にお家が一軒・・・廃屋のようです

でも、割と綺麗なガス灯が立っています

20190721chichibu13a2.jpg 絵図によると、降り立った道を先に進むと「国道140」号に出るようです
反対向きに坂を上ると、再び「贄川宿」の街道筋に出ます

ならば、「案山子」のおさらい代わりに「街道筋」を歩いた方がと判断

でも、帰宅してから「贄川宿の案山子」をチェックしていたら
国道沿いの「駐在所」にも「案山子」が姿が・・・。

見逃してしまって・・・悔しいっす

撮影日:2019年07月21日
つづく

関連記事

2019.08.08 


Secret