サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「案山子と石」のトップ記事はこちら

190721114216a2.jpg

190721114216
「贄川宿」の街道筋に戻ってきました

案山子をさらっと見ながら「三峰口」駅へ向かいます

今回、歩いていて一番感じたのが、「案山子」の状態が良い事

普通なら雨風に当たり、表面が汚れてしまうのに
顔は綺麗だし、衣服も殆どが洗い立てのよう・・・。

もしかしたら、夜間は室内に入れて
衣服も洗濯しているのかもしれません

実際、「贄川の案山子」関連の写真がWeb上に沢山アップされているのですが
今回、私が見た案山子の衣服が異なっています

また、この日のようにお天気が不順な時は傘をさしたりしていますが
晴天の時の写真を見ると、傘は持っていません

地元の方が日々、メンテしているようです

190721114529a2.jpg 190721114529
途中、道案内して頂いた方のお話の中で・・・
「本体はペットボトルなので、雨水が染み込まない」と。

190721114604a2.jpg

190721114604
一般的な人形のように内部に綿等を詰めてある仕様だと
雨が内部に染み込んでズブズブになり、生地が変色している筈

綺麗に保てるのは、そういう構造もあるのでしょうし
多分、長時間、雨に当てたりしていないのかと。

190721114707a2.jpg

190721114707
「いい写真、撮れましたか?」と・・・。

再び、案内して頂いた方と出会いました
お祭り関連で町内のあちこちにご用があるようでした

190721114805a2.jpg

190721114805
大部分の案山子の表情は笑顔です

190721114831a2.jpg
190721114831
でも、この子には睨まれました

190721114904a2.jpg
190721114904
そして、唯一、笑っていないのは、こちら

190721114927a2.jpg

190721114927
よく見ると、髪も凝っていますね

190721115125a2.jpg
190721115125
残念だったのは、このギャラリーが閉まっていた事

室内では、案山子作りの様子等が展示されていたそうです

20190721chichibu13a2.jpg
撮影日:2019年07月21日
つづく

関連記事

2019.08.09 


Secret