サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「案山子と石」のトップ記事はこちら

190721120034a2.jpg
190721120034
「白川橋」まで戻ってきました

橋の歩道上には、見物人がカメラを構えています

よく見ると、吊り橋の入り口ではない場所で
女性が足を崖下へ投げ出して座っています

何やら、先の方へワイヤーが何本も伸びていますが

まだ電車の発車時刻までは余裕があるので、他の方と同様、見物を・・・。

190721120127a2.jpg 190721120127
あの着席場所は、バンジー(実際の種目名は、キャニオン スイング)のスタート点でした

いきなり飛び降りたので、カメラで追えずに・・・
最下点から反動で上がってきたところをパチリ

再び、落ちていきました

190721120218a2.jpg
190721120218
ジャンプの反動が収まって・・・

190721120251a2.jpg

190721120251
回収・・・

190721120415a2.jpg

190721120415
エメラルドグリーンの「荒川」が綺麗

190721120621a2.jpg
190721120621
左側のゲートがキャニオン スイング用、右側が吊り橋ですが
階段で上がれる、2階部分があります

190721120648a2.jpg
190721120648
吊り橋の中央部分

踏み板より、隙間の方が広いのが判ります

190721120720a2.jpg
190721120720
対岸から、ワイヤーにぶら下がった男性が・・・

190721120954a2.jpg
190721120954
2階部分に女性が立っています

こちらの橋に居る人に合図を送っている様子

190721121113a2.jpg
190721121113
スルスルと滑り出していきます

190721121119a2.jpg
190721121119
余裕、ありますね~

190721121217a2.jpg
190721121217
次は、ガタイの良い外人さん?

体重は、大丈夫なのでしょうか?

190721121227a2.jpg
190721121227
先の女性と異なり、ワイヤーのしなり具合が違いますね

190721121235a2.jpg
190721121235
これは「キャニオン フライ」と言って、往復するそうです

190721120529a2.jpg

190721120529
渡る際、眼下はこんな感じのようです

「吊り橋」は、「キャニオン ウォーク」
「バンジー」は、「キャニオン スイング」
というアクティビティだそうです

「ジオグラビティパーク秩父」はこちら

「三峰口」を訪れた際には、是非、チャレンジを~

撮影日:2019年07月21日
つづく

関連記事

2019.08.13 


Secret