サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825105240a2.jpg
190825105240
山形県鶴岡市にある「加茂水族館」

前日とこの日、2日に分けて見学してきました
この後は、12時24分発のバスで鶴岡市街地へ向かう予定

その前に、ランチをするので、クラゲの見納めに再度、巡ります

関東・東海付近の水族館なら、再訪も出来ますが、
山形県の日本海側となると・・・
今回の訪問が、最初で最後になるかもしれません

190825105248a2.jpg
190825105248
8月最後の日曜日で心配しましたが、午前中は
「やや混んでいる」状態

とりあえず、カメラ撮影は可能です

190825105428a2.jpg

190825105428
でも、水槽までは、しばし待ちの状態

床面右側の水色部は、水槽をスルーして、先に急ぐ人用の通路

190825105614a2.jpg

190825105614
順番待ちの割に、水槽前は空きがあります

190825105812a2.jpg
190825105812
それはこちら・・・順路途中にある「解説コーナー」

1日4回(9時30分、11時、14時、16時)、ここで「くらげのおはなし」が催されます
その11時の部が間もなくで・・・大勢のお客さんが着席しています

この「おはなし」やアザラシのショー、ウミネコのえさやりタイムは
若干、館内が空く事があるので狙い目と案内もされています

190825105901a2.jpg

190825105901
そのおはなしの資料に使うのでしょうか

円柱を輪切りにしたような水槽に、「ベニクラゲ」の赤ちゃん

不老不死・若返りのクラゲとして有名、だそうです

もっと小さなサイズのクラゲを集めた水槽もありましたが
クラゲが小さすぎて、カメラで認識出来ず・・・撮れませんでした

190825110136a2.jpg
190825110136
「解説コーナー」の脇に並ぶ、円筒状の水槽

こちら側から、向こう側からと立体的に観察できる優れもの

190825110311a2.jpg
190825110311
発光するように見える「シンカイウリクラゲ」は人気者・・・
水槽の前にはいつも人が集まり、撮影も待ちの時間が必要です

190825110447a2.jpg

190825110447
「シロクラゲ」・・・北斗七星の並びのようです

190825110549a2.jpg
190825110549
「アカクラゲ」だったかな・・・?

伸びた触手が美しいです

190825110638a2.jpg

190825110638
12時24分発のバスに乗車すると、鶴岡駅には13時に到着

秋田方面だと、13時49分発、普通「酒田」行き
14時21分発、特急「秋田」行き

190825110915a2.jpg

190825110915
新潟方面だと、13時26分発、普通「村上」行き
14時21分発、普通「あつみ温泉」行き

そして、乗車予定が14時50分発、特急「新潟」行き

すっごく、接続が良くないです


190825111013a2.jpg
190825111013
駅で2時間近く潰すのはキツいので、
どこかに寄り道しないと・・・

撮影日:2019年08月24~25日
つづく
関連記事

2019.09.22 


Secret