191005152209a2.jpg191005152209
「169系直流急行型電車」

1958年から製造された、国鉄153系直流急行形電車は
平坦な路線で温暖な地向けの車両でした

この車両を勾配路線、寒冷地向け仕様にし、モーターの出力を
20%増加して製造されたのが「165系」

見た目の違いは、153系の前面部はほぼオレンジ色でしたが
165系では腰部に側面の緑がグルリと・・・。

その165系からも、路線・地域毎に細分化・・・
増出力化はしても、勾配・寒冷地対策が不要な路線に、163系
当時、一般的であった修学旅行用に、167系
(1学年上は、167系で京都へ、私はギリ、新幹線でした^^;)

そして、信越本線の群馬県と長野県にある「碓氷峠」を越えるために
製造されたのが、この「169系」でした

191005152332a2.jpg 191005152332
基本的な性能・車内設備は、165系と同様
最高運転速度は、110km/h

191005152417a2.jpg
191005152417
勾配路線対策で、165系は先頭車にもモーター付き
形式も、クハがクモハとなり、最少3両で編成を組めるようになりました

191005152434a2.jpg
191005152434
今となれば、懐かしいですが、上段下降、下段上昇のユニット窓が一般的な時代

191005152605a2.jpg
191005152605
クモハ+モハ+クハの3両が基本編成として製造

さらにサロ(一等車:現グリーン車)とサハシ(食堂と2等座席の合造車)を既存車両から改造

191005153001a2.jpg
191005153001
基本編成が
「クモハ+モハ+サロ+サロ+サハシ+クハ」+「クモハ+モハ+クハ」の4M5T

「運転台付き電動車+電動車+一等車*2+運転台付き付随車」+

「運転台付き電動車+電動車+運転台付き付随車」

急行電車でも一等車が2両と食堂車が付いた、豪華な編成

増結が「クモハ+モハ+クハ」の3両、現在の長野電鉄に乗り入れた
急行「志賀」でこの付属編成に乗車しました

191005153625a2.jpg
191005153625
車体側部の形式番号

その頭部に付いた●マークが、碓氷峠を協調運転で通過可能・・・
碓軽対策を施した車両のマークです

原則、モーター付きの「クモハ」は峠の下側に連結

重量のある電動車を坂上側に連結すると、急勾配で座屈(重たい車両から圧迫されて、
中間車両が浮き上がってしまう)する危険があるので、重たい車両は坂下側に連結

191005153343a2.jpg
191005153343
その碓氷峠では、峠のシェルパ「EF63」が坂下側に2両連結

登りでは、後押し、下りでは、支える形で活躍しました

191005153228a2.jpg
191005153228
連結・解放作業で、麓の「横川」駅、峠上の「軽井沢」駅では長時間停車する事になりました

その滞在時間の中、評判となったのが「峠のかまめし」

直通する信越本線が無くなっても、主要駅で「おぎのや」さんが販売中
何度も食しているのですが、崎陽軒の「しうまい弁当」同様、食べたくな
味わいです

その29:313系3000番台
その
28:371系
その
27:小田急2300形
その
26:会津鉄道キハ8500形
その
25:157系
その24:483系
その23:キハ57形
その22:小田急3000形
その21:E351系
その20:小田急9000形
その19:6050系
その18:583系
その17:北越急行683系8000番台
その
16:383系
その
15:東武1700系
その
14:京王5000系
その
13:EF63形
その
12:キハ181系
その
11:名鉄キハ8000系
その10:キハ85系
その
:西武E851形

その
:北越急行HK100形
その
:キハ183系500番台
その
:DD54形
その
:EF57形
その
:名鉄キハ8500系
その
:EF71形
:E10形
その
:伊豆急100形


この後も、不定期で更新します/
関連記事

2019.11.16 


Secret