サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825114528a2.jpg

190825114528
前日は、ラーメン以外、品切れで利用出来なかった
水族館内のレストラン

魚匠ダイニング「沖海月(おきみづき)」

お昼ご飯の時間帯は混雑必至なので、早めに入店しました

注文したのは、この定食

水族館に居ながら
「お魚をたらふく食べたい方に」人気というのも、気が引けますが・・・

190825112501a2.jpg 190825112501
プラス、「クラゲ刺身」

これを注文するのも気持ちが複雑・・・ゆったりと泳いでいたのを食べる?

食券を購入して、受付に提出する方式ですが、
席が決まらないと食券は出せません

座席の確保が難しい・・・って事でしょうか

折角のお刺身ですし、アルコール(ビール)を欲したのですが、スルー

この後、列車乗車まで時間があるので、我慢我慢

190825113036a2.jpg
190825113036
店内は、テーブル席とカウンター席

テーブル席は満杯ですが、ひとりなのでカウンターで充分

目の前には透き通った日本海の海

190825113447a2.jpg

190825113447
先に、クラゲの刺身です

これが出てくるまで約10分・・・やはり注文が殺到している様子

190825113515a2.jpg
190825113515
今日のお刺身は、鯛、ハマチとヒラメ・・・でしょうか

紅い酒器には、イカの塩辛
それに、茶碗蒸し、煮物、お新香と味噌汁

190825113550a2.jpg
190825113550
お箸の柄もクラゲ・・・細かい箇所まで凝ってます

クラゲのお刺身、コリコリとしてて食感が良いですね

見た直後なので、アレですが、居酒屋さんにあったら
普通に注文したくなります

190908160230a2.jpg
190908160230
今回の旅に準備したのが、このレンズフードです

標準装備されたフードはありましたが・・・
これまでも困っていたのが、夜や室内でのガラスへの映り込み

色々調べてみたら、こんながありました
フードで反射光を遮る仕組み

なのですが、かなりデカいし高価
混雑している水族館で、こんなの使ってたら顰蹙(ひんしゅく)では?

ちょっと使う勇気がありません

190908160243a2.jpg
190908160243
そんな時に見つけたのが、このシリーズ

フードがゴムなので、ガラスに触れても傷つけません
収納時は折り畳んで、レンズの保護にも役立ちます
レンズキャップも使用可能

・・・けど、購入時(980円:税抜き、送料無料)より、値上げしてる

190908160522a2.jpg
190908160522
もうひとつ、マクロレンズ用にも購入(購入時880円:税別)

オールマイティではなく、レンズのフィルター径により
個々に購入します

190908160537a2.jpg
190908160537
ただ、今回、水族館でマクロレンズの出番は無しでした

撮った写真を見ると、映り込みはかなり低減された感じです

撮影時も、水槽のガラス面を10cmほど覆う程度なので
他のお客さんへの迷惑も小さいかと・・・小心者にはうってつけです

撮影日:2019年08月24~25日
つづく
関連記事

2019.09.23 


Secret