サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら

191006134344a2.jpg
191006134344
木々に囲まれた、瀟洒な「白駒荘」

こちらは、大正11年創業の本館のようです
宿泊は、新館1泊2食で8500円~

途中道は圏外と聞いていたのですが、白駒荘の受付電話は携帯番号になっていました
ここだけ通じるのかな?それともアンテナがあるのかな?

脇の樹木に、赤いテープが巻かれています
建物そばですが、見失ってしまう天候の時もあるって事かも・・・。

191006134735a2.jpg 191006134735
「白駒池」は周囲1.35km、最大水深は8.6mで
標高2000m以上の高さにある湖としては日本一だそうです

「白駒峰」の噴火で、川が堰き止められて出来たのだとか

191006134822a2.jpg
  191006134822
対岸では、紅葉真っ盛り

191006134835a2.jpg
191006134835
池の一周は、30~40分ほど、だそうです

今回のプランでは駐車場往復を含めて、1時間の滞在なので無理でした

191006134851a2.jpg
191006134851
紅、橙、黄、緑

一面の紅葉も素晴らしいですが、混ざり合うのも良い感じです

191006134946a2.jpg
191006134946
「白駒荘」の対岸は、湖岸西側になります

191006134959a2.jpg
191006134959
こちらは北岸です

陽当たりの違いからでしょうか・・・紅葉の進み方に差があるようです

191006135100a2.jpg
191006135100
案内板等での表示は「白駒の池」ですが、国土地理院の地図では「白駒池」と表示

191006tateshina09a2.jpg 駐車場と「白駒池」の標高差は、21mほど池面の方が高くなっています

「白駒池」の見晴台となる「高見石」は2224m

両方を巡る時は、先に「高見石」に登った方が楽・・・だそうです

撮影日:2019年10月06日
つづく
関連記事

2019.10.28 


Secret