サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「鉄分と糖分補給に」のトップ記事はこちら

191102092350a2.jpg
191102092350
JR東海「御殿場」駅・・・普通「沼津」行き電車に乗り換えます

今度は2両編成のワンマン、車内にはクロスシートも装備

「セミクロスシート」「2両編成」「ワンマン対応」だと
313系3000番台と3100番台が運用されているそうです。

3100番台は、先程乗車した「2000番台」同様、行先表示機がLED式ですが
この車両は、幕式なので、初期車の「3000番台」のようです

191102092952a2.jpg 191102092952
「御殿場」駅を発車します

右側車窓には「富士山」の姿
ただ、中腹付近の雲が厚くなり、右(西)側の空には雲が増えています

段々、隠れてしまうパターンです

191102093451a2.jpg
191102093451
ワンマン運転なので、出発時はミラーを確認しながら低速で進行しますが
駅を離れると、1M1Tの身軽な編成・・・どんどん加速します

191102093556a2.jpg
191102093556
「富士山」の撮影スポット・・・「富士岡」駅に到着します

191102093657a2.jpg
191102093657
富士の頂きは見えますが、左(西)側は一面の雲

ヤバいよ、ヤバいよ・・・

191102094422a2.jpg
191102094422
標高455mの「御殿場」駅からは、ひたすら下っていきます

終点の「沼津」駅の標高は7m

191102095747a2.jpg

191102095747
東海道新幹線をアンダークロス

新幹線は駿河湾から3kmほど離れた内陸側を走行
これは沼を埋め立てた軟弱地盤だったからとか・・・。

地名の「沼津」も言い当てていますね

偶然でもDr.イエローと遭遇しないかな・・・と思うのだけど
これまで一度もありません

191102100319a2.jpg

191102100319
ホームライナーに使用するのでしょうか・・・
数編成の373系の脇を通り、「沼津」駅に入ります

191102100616a2.jpg
191102100616
乗車してきた313系電車は、折り返し、御殿場方面へ・・・山へ登っていきます

「沼津」からは、東海道本線に乗り換えて、「三島」へ向かいます

撮影日:2019年11月02日
つづく
関連記事

2019.11.11 


Secret