191123121749a2.jpg191123121749
現在、東急「世田谷線」として路線が残っています
しかし元々は支線で、本線が廃止となったのは、昭和44年

その8年後の昭和52年、その路線を踏襲・地下化して開通したのが「新玉川線」

「渋谷」から「二子玉川(園)」まで、地上を走る「玉川線」を見た記憶があるのは
50代半ば以上の方でしょうか・・・。

登場したのは、昭和30年・・・当時の老朽車両の近代化を図った車両です
「東急デハ200形電車」・・・その丸っこい車体から
「ペコちゃん」(不二家の)、「イモムシ」のあだ名で呼ばれました

竣工時、私はまだ生まれてなく、居住も城北地区だったので、接する機会は乏しく
親に連れられて、渋谷方面に出かけた際に見かけたのみでした

でも、当時は国鉄・私鉄を問わず、角張った車体の車両ばかりの中
丸味を帯びた車体は、子供心にも印象が残ったものでした

191123121814a2.jpg 191123121814
特徴は見て判る通り、「低床」、「2車体連接車」、「1軸台車」

「連接」、「一軸」は、スペインの高速列車「タルゴ」を彷彿とさせるスタイルです

線路幅は1372mm、現在の都電と同じです
元々が都内・千代田区方面へ多摩川の砂利輸送が目的だったので
都電(当時の東京市電)の路線に乗り入れられるように同幅になったとか・・・。

191123121832a2.jpg
191123121832
車輪の直径は510mm、床面の高さは590mm

比較として、現在の一般的な電車ですと、車輪の直径は810mm、床面の高さは1130mm
・・・「デハ200系」の床の位置より倍近くの高さです

191123121849a2.jpg
191123121849
連接部の「1軸台車」
双方の車体がどのように関わっているのか、興味津々ですが・・・よく判りません

実車では、連結部に灰色の外幌(のように見える)が付いていますが
模型では塗装された内幌になっています(走行上、支障があるのかな)

実車が保存・展示されているので、見に行ってきましたが・・・。

191123121929a2.jpg
191123121929
下ぶくれしたようなユニークな形で、大きな窓の先頭部です

運転台は左側(奥)の窓部分、右側(手前)の窓にはロングシートが
連なっていて、かぶりつきの前面展望席に・・・。

191123122035a2.jpg
191123122035
パンタグラフが無い車体の屋根上に見える3つの蓋状のモノ
(実際には、左右並列で計6つあります)・・・抵抗器の通風機です

床下が狭いため、通常、床下設置する抵抗器が配置できず
天井と屋根の間に設置しているそうです

お客さんから見ると、頭上に暖房器具があるような状態・・・。

191123122049a2.jpg
191123122049
全部で6編成が製造されましたが、保守に手間がかかったり、乗り心地も悪く
存続される「世田谷線」に移籍される事なく、廃車に・・・。

昭和30年入籍、昭和43年、44年に廃車となり、13~14年の短命車両でした

191123122112a2.jpg
191123122112
ドア配置が左右、非対称だったのも特徴

先頭部まで座席がある手前側は、車体中央に両開きドア

191123122259a2.jpg
191123122259
運転台の有る側は、運転台直後に片開きドア、車体後方に両開きドア

展示されている実車を見てきました→こちら

その33:E353系
その32:257系0番台
その31:EF64形1000番台
その30:169系
その29:313系3000番台
その
28:371系
その
27:小田急2300形
その
26:会津鉄道キハ8500形
その
25:157系
その24:483系
その23:キハ57形
その22:小田急3000形
その21:E351系
その20:小田急9000形
その19:6050系
その18:583系
その17:北越急行683系8000番台
その
16:383系
その
15:東武1700系
その
14:京王5000系
その
13:EF63形
その
12:キハ181系
その
11:名鉄キハ8000系
その10:キハ85系
その
:西武E851形

その
:北越急行HK100形
その
:キハ183系500番台
その
:DD54形
その
:EF57形
その
:名鉄キハ8500系
その
:EF71形
:E10形
その
:伊豆急100形


この後も、不定期で更新します/
関連記事

2019.12.15 


Secret