サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「鉄分と糖分補給に」のトップ記事はこちら

191102112634a2.jpg
191102112634
時の経過と共に、太陽が高い位置に・・・
日陰部分だった所にも陽が当たってきたかも、と
再び「第一展望台」に降りてみました

もうちょいでしたが、川底は明るく見えています

191102112822a2.jpg 191102112822
キラキラとした光が無ければ、水の中とは思えないかも

澄んだ流れです

191102112839a2.jpg
191102112839
水が湧いていますが、水泡は出てきません

地下の水の通り道には空気が混じる余地が無いほど
水量が多く、水圧も高いという事になるのでしょうか?

191102112910a2.jpg
191102112910
水波の影?模様?
これって、何て言うのでしょう?

光の影?

どこかで聞いた事があるような・・・
「光と影」・・・渡辺淳一さんの小説でした

191102113007a2.jpg
191102113007
底から立つ木茎

湧水が始まる前、育っていた樹木の残骸でしょうか

191102113140a2.jpg
191102113140
広大な、富士の斜面に降った雨が勾配を下ってきたのだから
水量と勢いがスゴいはずですね

191102113306a2.jpg
191102113306
「第一展望台」の20m先・・・既に「川」になっています

191102113145a2.jpg
191102113145
雪解けの頃、水量が増えそうな印象ですが・・・
地下を伏流している期間は20数年

時期による水量変化など起きえないくらい、地下で出番を待っているのですね

191102113623a2.jpg

191102113623
園地には芝生広場や噴水もあり、お弁当をもった家族連れも大勢

小さな子供さんでも楽しめます

191102113820a2.jpg
191102113820
湧水地・・・かつて、城郭があったようです
「泉頭城」・・・らしい、命名ですね

「北条氏」「武田勝頼」「徳川家康」
そうそうたる武将の関わりがあったお城だったようです

撮影日:2019年11月02日
つづく
関連記事

2019.11.15 


Secret