サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「鉄分と糖分補給に」のトップ記事はこちら

191102124559a2.jpg
191102124559
「源兵衛川」を遡っています

街中を流れる川なので、途中には当然ながら橋が架けられています

散策路との隙間は150cm程・・・屈みながらの歩行です
橋幅があると、ずっと屈んだ姿勢となり
腰が痛くなりますが、これも面白みのひとつですね

191102124743a2.jpg
191102124743
木の板と石が適度に組み合わされている散策路

次のすれ違い設備の石は、離れているので
対向者が見えた場合、進むか待つか、思案のしどころ

191102124938a2.jpg
191102124938
くぐる橋の上を、普通に車や通行人が行き来しています

途中、川を向いた飲食店が・・・

普通なら、通行人がジロジロ見たりするのですが、
お客さんの方が多くて・・・多勢に無勢

目を合わさないようにコソコソと早足で通過・・・

汚れていて異臭を放つような川だったら出来ないスタイルのお店ですね

191102125023a2.jpg

191102125023
「三島広小路」駅に近づいてきました

伊豆箱根鉄道「駿豆線」のガードです

前回、ここをくぐった記憶があったのですが・・・

191102125117a2.jpg
191102125117
踏切の警報音が聞こえて・・・「三島」行き電車が通過

191102125147a2.jpg
191102125147
やはり「ガード」下をくぐる「ちかみち」が存在していた・・・

191102125251a2.jpg
191102125251
一旦、道路に上がり、ガード反対側で川に降りてみます

以前はガード下に置き石が配置されていました

今年の台風や豪雨時に流されてしまったのかもしれません

191102125333a2.jpg

191102125333
ここからは川に沿った道を歩きます

両岸の施設が使うのでしょうか・・・
石の橋や置き石が配置されています

191102125352a2.jpg
191102125352
車道に上がる前にあった・・・これも「お地蔵さん」?
それとも、「童像」っていうのかな?

この先も川に沿った散策路があり、
その先・・・「ほたる」の鑑賞路と続きます

今回は、ここで川沿いの道の散策は終了

糖分補給に、仕入れに向かいます

撮影日:2019年11月02日
つづく(全18回)
関連記事

2019.11.21 


Secret