サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「懐かしいところ」のトップ記事はこちら

191130133445a2.jpg
191130133445
京王線・東急世田谷線「下高井戸」駅界隈を巡っています

世田谷線出口(西口)に面して「旭鮨総本店」
ごく普通のお寿司屋さん風ですが、創業は昭和2年

お寿司だと、都内に11店舗、神奈川県に4店舗
天ぷら・お刺身で7店舗と手広く展開

東京では有数のお寿司屋さんの本店です

若い頃は、恐れ多くて入店なんか考えませんでしたが・・・
ちらっと、ショーウィンドウの値段を見て

京王線北側の商店街を巡ってみます

191130133511a2.jpg
191130133511
踏切を渡った、真っ正面に・・・「下高井戸駅前市場」
ここは「たつみ」さんに来た頃からありました。

建設は昭和31年だから、もう60年以上の歴史有る「駅前市場」

真っ直ぐ伸びるのが「北口れんが通り」・・・この先で甲州街道にぶつかります

191130133522a2.jpg

191130133522
この「駅前市場」は、2階建ての建物になっていて、この内側通路の他
建物外側にも店舗があります

191130133548a2.jpg
191130133548
人だかりが出来ているのは・・・魚屋さん

「長谷川屋」さんとの看板が見えます

191130133613a2.jpg
191130133613
中央の十字路から見ると、京王線の電車・・・駅が至近なのが判ります

入口上部の看板には、10軒ちょっとの店舗名が掲示されています

191130133627a2.jpg
191130133627
奥が「長谷川屋」さん、その手前右にも魚屋さん

左正面には「鶏唐揚専売店」さん

市場の中には、シャッターが閉まっているお店も数軒ありましたが
飲食店等、夕方から開店するお店もあるのかもしれません

191130133657a2.jpg
191130133657
「駅前市場」を出て、「駅前通り」を北東方向へ

ここにも人だかりが・・・「肉と惣菜の堀田」さん
コロッケ、メンチカツが人気なのだとか

191130133734a2.jpg
191130133734
学生さんが多い「日大通り」に対して、「駅前通り」は中年層から年配者向け?

191130133756a2.jpg
191130133756
この「駅前通り」を道なりに進むと、首都高「新宿」線の「永福PA」近くに出ます

191130133802a2.jpg
191130133802
駅に戻る途中に「西友 下高井戸店」が・・・
(お客さんが多かったので正面から撮るのは無理でした)

3階建てで昔からあった風の雰囲気の建物です
「大規模小売店舗」の銘板では、昭和54年に設置との事です

191130133850a2.jpg
191130133850
昔ながらの八百屋さんも・・・

「世田谷区」と聞くと高級住宅地をイメージする事も多いですが
どちらかと言えば、新規に鉄道が敷かれた沿線界隈

昔からの街道筋の宿場町で、再開発が遅れている地域は
このような昭和の香りがする商店・商店街が残っている感じです

この「下高井戸」は、1602年に出来た「高井戸宿」が
1604年に「上高井戸」と「下高井戸」に分かれた宿場

191130setagaya03a2.jpg 赤い破線が区境

「下高井戸」駅は、杉並区と世田谷区の境近くに位置

現在、京王線では立体化工事(高架化)を計画中

現ホーム東側(右側)のカーブを避けると駅ホームが杉並区に進出する
可能性もあるのかもしれません

撮影日:2019年11月30日
つづく(全14回)
関連記事

2019.12.25 


Secret