サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「高架下の」のトップ記事はこちら

200118111019a2.jpg
200118111019
冷たい雨が、時折、雪っぽくなる中、訪れたのは「万世橋」です
その先のガード上を「中央線」の快速電車が通過中

この日、月一の歯の検診が10時半に、そして13時半からは従姉妹との新年会が
東京駅で予定されていたので、約2時間の合間に立ち寄れる所は?と・・・。

お正月に、大宮の「鉄道博物館」を初めて訪れました

でも、子供の頃、馴染みがあったのは、ここ「万世橋」にあった「交通博物館」
・・・その跡地が綺麗になったのは知っていましたが、まだ未訪問

地理的にも近いし、他にも潰しが効くし、と訪れてみました

200118111218a2.jpg 200118111218
流れているのは「神田川」、その上流側を見ています

「中央線」と、鉄橋を渡る「総武線」の電車と合流した所が「お茶の水」駅
奥に見える建物群は「東京医科歯科大学」とその「付属病院」

200118111230a2.jpg
200118111230
下流側には、平坦な「山手線」、「京浜東北線」の橋

その隣を、34‰の急勾配の「上野東京ライン」
見えませんが、その奥に「東北新幹線」の橋が渡っています

200118110947a2.jpg

200118110947
「万世橋」の北側は・・・アキバです

一時期、雨後の筍のように大発生?した「メイドカフェ」

ブームも落ち着き、店舗数も大分、減ったのではと思っていたのですが
2020年1月現在で193軒もあるそうです・・・まだまだ健在?

200118111141a2.jpg
200118111141
「神田川」の右岸側に続く、煉瓦造りの高架橋

この上にあったのが「万世橋」駅
1912年(明治45年)に開業、1919年まで「中央本線」の起点駅

200118111005a2.jpg
200118111005
「中央本線」が「東京」駅まで延長され、1943年に営業終了
その前、1936年に機能縮小した駅施設に「鉄道博物館」が転入

この煉瓦の高架橋内にも展示室が設けられていました
当時は内部が見える仕様ではなく、
ほぼ煉瓦で埋められていて小窓があった程度の記憶

2006年、改称した「交通博物館」が営業終了し
その代わりに、2007年、大宮に「鉄道博物館」が開館

2013年、跡地を整備し、「JR神田万世橋ビル」と「マーチエキュート万世橋」が開業

200118111314a2.jpg
200118111314
中央本線のガードをくぐった所・・・
住所で言えば、千代田区神田須田町1

「交通博物館」時代、この辺りに
新幹線0系とD51蒸気機関車の先頭部分が展示されていました

撮影日:2020年01月18日
つづく
関連記事

2020.01.25 


Secret