サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「高架下の」のトップ記事はこちら

200118121357a2.jpg
200118121357
JR山手線・京浜東北線をアンダークロスする「蔵前橋通り」
その高架下を北に向かって伸びるのが「2k540 AKI-OKA ARTISAN」

呼び方は、「ニーケーゴーヨンマル」
東京駅から2km540mの場所にある事から

そして「
AKI-OKA」は秋葉原と御徒町駅の間
「ARTISAN」は、フランス語で「職人」の意、だそうです

高架下の開発・展開として、注目を浴びた初期の施設なので
ご存じの方、実際に訪れた方も多いと思います

200118121429a2.jpg
200118121429
どちらかと言えば、東京メトロ「銀座」線の「末広町」駅が近いです

道路向かいには「肉のはなまさ」があり、その路地を入った所に
世間を賑わしている「マリオカート」似の「ストリートカート」の店舗があります

200118121522a2.jpg

200118121522
脇から高架下へ

200118121550a2.jpg
200118121550
ここは、万世橋のように駅施設の高架下ではなく
駐車場や倉庫として、使用されていた所

200118121622a2.jpg
200118121622
珍しい、ランドセル専門店

200118121709a2.jpg

200118121709
現在、50を越える工房が入居中

高架下なので雨に当たることはありませんが、
外気温とほぼ同じ環境なので
冷暖房完備のプレハブ的な建物を造作した仕様です

200118121727a2.jpg
200118121727
オリジナルの時計・・・お値段がいかほどするのかに興味が湧きます

高架下という事で、常時、頭上からは車両の走行音

なので、制作時に音が発生する工房向きの環境と言えますね

撮影日:2020年01月18日
つづく(全10回)
関連記事

2020.02.02 


Secret