20200225190001a2.jpg
先月購入していたのですが・・・その頃は、こんな状況になるとは想像もつかず。

今夜、行われる、都内「中野サンプラザ」でのライブです





プログレシッブロックで世界的に有名な「ピンク・フロイド」
代表作のひとつが、アルバム「狂気」

全世界で5000万枚以上の売上を記録し
発売後50年近く経過した現在も「ビルボード200」にランクインしているそうです

作品の総売上枚数は2012年時点で2億3000万枚ですが、
未だ作品がランクインしているので、更に枚数を増やしている筈・・・。

そして今回のイベントは、
その「ピンク・フロイド」のワールドツアーに参加したミュージシャンが
「ピンクフロイド」の楽曲を披露するというコンサートです

既に世界で1000公演開催、200万人以上を集客しているとか・・・。

この動画は、その公式サイトで公開されている演奏シーン


こちらは同じ曲を「ピンクフロイド」後期メンバーでの演奏

メンバーはスチールギター、キーボード、ドラムスの3名
他はツアーメンバーで、これに参加した者も今回の公演に加わっているようです

「ピンク・フロイド」のコンサートは、大がかりなステージと光の操りも見ものです
もしPCモニターでご覧の場合、全画面で視聴頂けると、臨場感が増すかと・・・。


「ピンク・フロイド」は過去、1971年、72年、88年の3回来日

そのうち、1988年の来日時、コンサートのステージ設営の輸出入に
関わる業務をしていて、その関係で名古屋公演なら見れるよと誘われたのですが
当時、わざわざ名古屋までという気持ちもあって、スルーしてしまいました


その後、来日する事はなく・・・さらにメンバー(キーボード)が
亡くなり、「ピンク・フロイド」としての活動は終了に・・・。

あの時、無理してでも名古屋へ行くべきだったと後悔したものでした



一旦、疎遠になったメンバー(ベース)がチャリティーライブ限定で復帰して
最後の再結成(2005年)

そのベーシストが2002年来日
その東京フォーラム・ライブは見に行きました

ファン層がそれなりの年齢層だったからかもしれませんが
会場ではアルコールを販売

客席にも持込み可で、ウィスキーを飲みながら演奏を聴く・・・
とてもお洒落な時間を過ごせました

その3年後にオリジナルメンバー(キーボード)が癌で逝去

今回のライブは、「ピンク・フロイド」のメンバーは誰も参加しませんが
ツアーメンバーが演奏する事で、オリジナルに近い内容と評判

更に、今回、日本初来日でした

ツアーメンバーの年齢も上がってきてて、
再来日があるかどうか・・・
楽曲を生で聞けるのは、私にとっても最後かもしれず

是非、楽しみにしていたのですが、
1か月の間に、コロナウィルスがこれほど蔓延するとは・・・

どうしたものか、と迷っていた中、
昨夕、興行サイトからお知らせ

予定通り開催いたします。
しかし新型コロナウイルス感染拡大の状況も鑑み、
残念ながらご来場が叶わないお客様におきまして、
払い戻し対応を実施することといたしました
」とのアナウンスが・・・。

他のミュージシャンのライブの中止、スポーツの無観客対応等々
広がっている中

万が一、私が感染したら、家族、勤務先・・・
そして、4月に予定しているは孫を含めた親族旅行にも影響大

やはり、危険な可能性があるのは避けるべきかと・・・

このツアー、次回は無いかもしれません

が、会場で不安を抱きながら曲を聞き

帰宅してからも2週間の間、
ちょっとの体調の変化でも疑心暗鬼になるのもしんどいし・・・
見合わせる事にします
関連記事

2020.02.27 


Secret