サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315103131a2.jpg

20200315103131
箱根登山鉄道「小涌谷」駅から国道1号を下ります

国道1号と言っても、山間地で片側1車線の道
景色を撮るなら谷側が良いのですが、路側帯がなくて、車の通過時はかなり危険

山側の排水溝の蓋上を歩きますが、カーブで大型バスが膨らんでくる時は
かなり接近するので、カーブ手前で大型車が来ないかどうか確認しながらの歩みです

小涌谷駅周辺の建物が途切れた辺りで、見えたのが崖の崩落現場

20200315103240a2.jpg 20200315103240
50mくらい上から赤茶けた土が露わになっています

打ち込んだ支柱の上の足場のような箇所・・・
あそこが登山電車のレールが敷かれていた所です

20200315103254a2.jpg
20200315103254
崖の崩落と共に、線路の路盤や橋桁がまとめて流されたそう・・・

現在、基礎を打ち込み、人工路盤を造っている最中。

20200315103333a2.jpg
20200315103333
この橋が「蛇骨橋」
この沢は、ここから150m下って「早川」に合流します

対岸に手すりが見えますが、沢に沿って右側に急登すると
「小涌谷」駅そばの郵便局前に出ます

現在は、流出した土砂を回収した袋が積み上げられてて
通る事は出来ない状況

20200315103353a2.jpg
20200315103353
かなりの水量がある沢なので、復旧工事も大変そう・・・

20200315103443a2.jpg
20200315103443
それにしても、大きな重機をよくあそこまで上げたものです

20200315103413a2.jpg
20200315103413
右岸側には、鉄橋の一部が残っています

4つあった橋桁のうち、2つが流出したそうです

20200315hakonetozan06a2.jpg 「小涌谷」駅と次の「宮ノ下」駅の高低差は87m

先(昨日)に記したように、ルート変更でこの「蛇骨橋」上方まで急登せざるを
得なくなり、大きな標高差が生じました

撮影日:2020年03月15日
つづく
関連記事

2020.04.02 


Secret