サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315110218a2.jpg
20200315110218
昨秋の「令和元年東日本台風」による被害で、運休中の箱根登山鉄道

いつも賑わっていた、「宮ノ下」駅前にある、カフェ

写真のショップは1月~4月末まで、改装で閉店中

手前のテント状の中にある「足湯」は営業していましたが
手前にあるカフェも4月中は改装工事で閉店だそうです
(訪問時は営業していました)

登山電車が運休なので、この機会にメンテナンス・・・でしょうか

20200315111042a2.jpg
20200315111042
駅分岐口から再び、国道1号を下り出します

100mほど歩くと、家並みは終わり、山中の道に・・・。

片側1車線のジグザグ道を、車に注意しながら更に400mほど歩くと
道端に、崖上に上がる石段です

上を見ると途中に紐が張られ
「これより先関係者以外立入禁止 箱根登山鉄道」と。

20200315111046a2.jpg
20200315111046
上を見ると、架線柱・・・あそこを線路が通っているようです

地図で見ると、国道と線路は並行に走っていて、5m前後しか離れていませんが
これだけの高低差があります

崖に沿って走る、単線の線路・・・
待避スペースもままならない線路上での移動は危険なので
所々に点検用の入場口を設けてあるのかもしれません

20200315111302a2.jpg
20200315111302
更に100mほど歩くとヘアピンカーブ

その山側に、鉄橋が・・・「中の沢橋梁」?

20200315111312a2.jpg
20200315111312
涸れていますが、大きな石がゴロゴロ

苔蒸していないので、最近の落石でしょうか

20200315111246a2.jpg
20200315111246
そのすぐ先でも復旧工事中の様子

法面が崩壊したのか、新たにコンクリートが吹き付けられ
ブルーシートで覆っています

国道から分岐して、ブルーシートの架かる法面に沿って上がる道は
「仙人台信号所」に繋がる道のようです

20200315111336a2.jpg
20200315111336
H鋼を打ち込んで、支えとするのでしょうか・・・

連なる架線柱の先、右カーブした所に信号所があります

20200315111427a2.jpg

20200315111427
V字谷のような沢は山上まで続いている様子

「浅間山」(801m)直下から350mほど落ちてきた急傾斜の沢は
橋をくぐり、更に150m落ちて、「早川」に繋がっています

20200315hakonetozan07a2.jpg この「宮ノ下~大平台」区間を徒歩で通過するのはかなり迷いました

普段ですと、交通量がかなり多く、道路自体は「歩く」には不向き

ただ、通行量が少ない上、宮ノ下で渋滞が発生し、
通過する車の速度も低めになったので、歩いてみる事にしました

撮影日:2020年03月15日
つづく(全27回)
関連記事

2020.04.07 


Secret