新型肺炎の流行により外出自粛が続いています
先の箱根登山鉄道沿線の散策以降、趣味としての外出がなくなりました

拙ブログとしましても、過去ペースでの新たな記事の掲載が難しく
申し訳ありませんが、過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

尚、数年前まで掲載写真のサイズが小ぶり(320*240)でしたので
再編集しまして、現在のサイズ(800*600)に揃える形にします
また文章も、現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第2弾は、2014年4月12日の山梨県への
日帰り散策です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「山梨・2014さくら」(再)のトップ記事はこちら

甲府駅で乗り継ぎます

140412105721z2.jpg
140412105721
甲府駅から見える「鳳凰三山」の「地蔵岳」と「観音岳」

霞んだ中にも「地蔵岳」(2764m)(右端)の頂上にポコッと
突き出した「
オベリスク」の姿が見えます

その左の頂きが「赤抜沢ノ頭」(2750m)
その左の、一段高いのが「観音岳」(2841m)・・・鳳凰三山の最高峰です
140412110250z2.jpg 140412110250
「甲府」駅(標高277m)ホームに、折返し11:11発の普通電車が到着

「高尾」駅行き・・・先ほどの3両の倍の、6両編成で余裕がある上、
新宿行きの特急電車が出発した後なのでガラガラ


140412111613z2.jpg140412111613
「酒折」駅(標高258m)を発車

甲府盆地西側に位置する「韮崎」駅付近では中腹から見えていた富士山も
次第に盆地東側の山並みに隠れていきます

「塩山」駅ホームで見られる姿が最後・・・。


140412112002z2.jpg
140412112002
「石和温泉」駅(標高272m)を過ぎて・・・線路の両脇に桃の花が広がります

次の目的地の「勝沼ぶどう郷」駅は写真中央やや右の中腹に位置しています
(中央、2階建てのお家の屋根の左側付近)

中央線の電車は、この先、山登りをしながらグルリと右カーブ・・・
パノラマ景観を楽しめる車窓が続きます


140412yamanashi05.jpg
国道はほぼ直線で、盆地の東側山腹に至りますが
鉄道は勾配に弱いので、グルリと迂回するルートになっています
(それでもかなりの急勾配


140412112143z2.jpg

140412112143

「春日居町」駅(標高293m)にて・・・ドアが開くと、桃畑が広がります

140412113510z2.jpg
140412113510
「塩山」駅(標高409m)を出て、2つトンネルを抜けると桜並木が

140412113515z2.jpg
140412113515
ホーム手前から桜並木が続き、桜のトンネルを走っている風・・・

140412113549z2.jpg
140412113549
11:35、「勝沼ぶどう郷」駅(標高477m)に着きました

降車したお客さんの殆どがすぐに改札口に向わずに
ホームで桜を楽しんでいます

車内の人たちも一斉にカメラで撮影しています


撮影日:2014年04月12日
つづく(全18回)

関連記事

2020.05.08 


Secret