新型肺炎の流行により外出自粛が続いています
先の箱根登山鉄道沿線の散策以降、趣味としての外出がなくなりました

拙ブログとしましても、過去ペースでの新たな記事の掲載が難しく
申し訳ありませんが、過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

尚、数年前まで掲載写真のサイズが小ぶり(320*240)でしたので
再編集しまして、現在のサイズ(800*600)に揃える形にします
また文章も、現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第3弾は、2015年4月26日の茨城県への
日帰り散策です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「花と駅と」(再)のトップ記事はこちら

ネモフィラの丘の後は・・・

150426095127z2.jpg

150426095127

「みはらしの丘」から西口へ向かいます

往路では西池の北側を通りましたが、逆の南側を歩くと
「たまごの森」と呼ばれる遊具のある松林が広がります

その中で色とりどりのチューリップが育てられています

東京では既に花期が終盤になっていて、
ここも期待していなかったのですが、想定外にお見事でした

2回に分けて、チューリップばっかりとなります


150426095158z2.jpg 150426095158
チューリップと共に植えられているムスカリ

水の流れを現しているのでしょうか・・・


150426095533z2.jpg
150426095533
楊貴妃」:ユリ咲き系(L)
世界三大美人とも言われる楊貴妃のような美しいチューリップです。


確かに上品な雰囲気で、今回見た中でも個人的にトップクラスかと感じますね~
*花名と黒文字の文章は、公園の表札に記載されていた文言、です


150426095554z2.jpg

150426095554

パラーダ」:トライアンフ系(T)
真っ赤なたまご型のチューリップです。

トライアンフは、もっとも品種数の多い品種群だそうです

150426095721z2.jpg

150426095721

ハミルトン」:フリンジ咲き系(FR)
ほのかに香る黄色のフリンジ先のチューリップです。

フリンジ咲きとは花びらの縁がギザギザになっているもの、だそうです


150426095751z2.jpg
150426095751
松林の中に植えられているので
花自体の色あいとは別に、日なた、日陰による色の変化も生まれます

中央左側は、マリリン」:ユリ咲き(L)
白地に赤色が入るユリ咲きのチューリップです。

この品種も綺麗・・・育ててみたいです

150426095914z2.jpg

150426095914
ガボタ」:トライアンフ(T)
茶紫の花びらに黄色い縁取りの個性的なチューリップです。

個性的な色と形ですね・・・ザクロを思い浮かべました


150426095951z2.jpg

150426095951

モンテオレンジ」:八重咲き早生(DE)
オレンジ色の八重の花びらが美しいチューリップです。

150426100026z2.jpg

15042610002
モンテスパイダー」:八重咲き晩生+ユリ咲き(DL+L)
まるで黄色のクモのようなチューリップです。

名称の意味を知るまで「モンテス バイダー」と思ってました
「モンテ スパイダー」だったのですね


150426100101z2.jpg
150426100101
夢の紫」:ユリ咲き(L)
皇室にも献上されたこともある珍しい紫色のユリ咲きのチューリップです。

艶やかなパープルの花びらですね・・・おしべがピーンと伸びています


150426100142z2.jpg
150426100142
華やかなチューリップ畑
一面、日なただとパッパッと撮れるのですが
微妙に日陰があって、構図がムズい


150426100238z2.jpg

150426100238
同じ赤でも濃淡が異なります

150426100319z2.jpg

150426100319

アンジェリケ」:八重咲き晩生(DL)
淡い桃色のドレスをまとた美しいチューリップです。

八重になると、バラに似た雰囲気ですね


150426100437z2.jpg

150426100437

バレリーナ」:ユリ咲き(L)
ほんのり香る華奢なバレリーナのようなチューリップです

バレリーナは判りませんが、すっとした佇まい

150426100623z2.jpg

150426100623
カムロ」:トライアンフ(T)
濃いピンクに薄紫色が入る女性らしいチューリップです。

チューリップらしいチューリップ、な気がします

意外と小ぶりで可愛らしいですよ~


150426100720z2.jpg

150426100720

品種によって花期も微妙に異なると思うのですが
・・・その辺りも配慮して植え付けているのでしょうか


150426100826z2.jpg
150426100826
これだけの数が集まると壮観です

150426100859z2.jpg
150426100859
ローズウィングス」:一重咲き晩生(SL)
明るい桃色の可愛らしいチューリップです。


150426101021z2.jpg

150426101021

はちみつミルク」:トライアンフ(T)
優しい色合いであまくとろけるような名前のチューリップです。

もうちょっと良い名前を付けてあげればよいのに・・・と思う美しさ
これも個人的に好きなタイプです・・・


150426101052z2.jpg
150426101052
アンジェリケ」:八重咲き晩生(DL)
淡い桃色のドレスをまとった美しいチューリップです。


150426101215z2.jpg
150426101215
インサーパッサブル」:一重咲き晩生(SL)
花びらの内側の桃色が濃いチューリップです。


150426ibaraki03.jpg
次回もチューリップが続きます

撮影日:2015年04月26日
つづく(全12回)

関連記事

2020.05.15 


Secret