新型肺炎の流行により外出自粛が続いています
先の箱根登山鉄道沿線の散策以降、趣味としての外出がなくなりました

拙ブログとしましても、過去ペースでの新たな記事の掲載が難しく
申し訳ありませんが、過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

尚、数年前まで掲載写真のサイズが小ぶり(320*240)でしたので
再編集しまして、現在のサイズ(800*600)に揃える形にします
また文章も、現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第4弾は、季節感はずれますが、似通った気候だった
2013年9月21日の群馬県への
日帰り散策です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「碓氷峠界隈を散策」(再)のトップ記事はこちら


1973年の自転車旅行の時の話題は茶色の文字
1996年の軽井沢から徒歩で下った時の話題は緑色の文字
今回の散策の時の話題は、この文字色で綴ります

130921061516z2.jpg
130921061516
「赤羽」駅を出て、「荒川」の鉄橋を渡ります

東京都と埼玉県の県境・・・以前、社員旅行でこの「荒川」を渡った際、
神奈川県の社員さん達が、この川幅の広さに驚いていたのが結構、意外でした

東京都の南側の県境、「多摩川」のイメージが強いのかな?

実際、日本一、川幅が広い川が「荒川」なのだそうです

でも、東京との県境ではなく、はるか上流、埼玉県鴻巣市。
お隣、吉見町とを結ぶ「御成橋」の上流600m程の
場所・・・

川幅が2537m、歩くと30分以上、かかっちゃう

でも、実際は河川敷が広くて、普段、水の流れる川幅は数十mだとか
・・・堤防から川の流れを越えるまで、延々1.5km河川敷が続くそうです
で、その河川敷には住宅も建ち、田んぼもあるそうです(
動画

130921062611z2.jpg
130921062611
「さいたま新都心」駅(埼玉県)に到着

平成12年に出来た、新しい駅・・・
旧国鉄の操車場を廃止、再開発されて「さいたま新都心」として
高層ビルやイベント施設が建設されました

右の建物が「さいたまスーパーアリーナ」・・・最大36000席
スポーツイベント、ライブ等を開催・・・駅改札口から、すぐなのがいいですね


130921063021z2.jpg
130921063021
「大宮」駅(埼玉県)に到着
仙台方面の東北本線と高崎方面の高崎線の分岐駅

ここで降車してくれるお客さんを期待(座りたいから)したのだけど
乗車する方が多い・・・

皆さん、どこまで行くの?

朝ごはんを買ってあったのですが、食べられません


130921064900z2.jpg
130921064900
大宮駅から5駅目・・・北本駅近辺

1973年。夕方に東京を出て、快走してたのですが・・・夏の時期
雷鳴が響いてきてて、自転車旅行にとっては困る状況

とりあえず、天気予報で状況を確認しようと「北本駅」前の公衆電話へ・・・
「177」(天気予報)にダイヤル
(携帯電話どころか、その言葉自体、無かった時代。
旅行ではラジオが重宝されたのですが、持ってなかった)

電話機の上にお財布を置いて、10円玉を取り出して投入。
雷はひどくならないみたい・・・とホッとして公衆電話を出ました。


さて、出発しようかと、その時、お財布を電話機の上に置き忘れてきた

慌てて戻ったのですが・・・無かった

東京を出て数時間しか経っていないのに所持金が0になってしまいました。
(1泊2食の旅館代が3000円ほどの時代でしたから
所持金は3万円ほどだったかも)

同行した友人に小銭を借りて、自宅に電話
2日先の宿泊地、清里の施設に現金書留で送ってもらう事にしました
(その間は友人達のお金を借りて、過ごします)

銀行キャッシュカードも存在しないし、当然、ATMも無い時代
送金は現金書留が普通の時代でした。


撮影日:2013年09月21日
つづく(全27回)

関連記事

2020.05.19 


Secret