20200626140639a2.jpg20200626140639
国鉄「キハ82系」気動車

「はつかり形」と呼ばれた「キハ81系」の改良タイプ

日本海側経由で「大阪-青森・上野」を運行した特急にちなみ
「白鳥形」とも呼ばれた形式です

1961年製造、最高速度:100km/h
20200626135656a2.jpg 20200626135656
模型は「北海道仕様」

タブレット対応で窓の破損防止対策として、
乗務員ドアの窓ガラスが網で覆われています
(タブレットって、PC系のではないですよ^^;)

20200626140611a2.jpg
20200626140611
ボンネットタイプでブルドッグ風のスタイルの先頭だった「キハ81」と
大きく異なったのが、分割・併合が可能な、貫通式運転台になった点

20200626140728a2.jpg
20200626140728
キハ82の先頭デザインは登場後60年経過した今でも、高い評価を得ています

高運転台、パノラマミックウインドウ、前照灯+標識等を合わせたライトデザイン、
そして鳥の翼状の帯は、その後に登場する電車特急にも継承されていきました

20200626140538a2.jpg
20200626140538
運転室後方の機器室には、照明、空調機器に供給するための
電源用エンジンが搭載されています

貫通路+運転台が付いた、この「キハ82」を配置する事で、
短編成から長編成まで組み方の自由度が高まりました

20200626140938a2.jpg
20200626140938
基本編成の「函館」寄り2両目は、「キロ80」・・・グリーン車です

今回の模型では、基本編成が、「キハ82」+「キロ80」+「キハ80」+「キハ82」の4両で
合わせて、増結編成の「キシ80」+「キハ80」+「キハ80」の3両セットを購入

実際の、北海道仕様のキハ82編成に合わせたものにしました

20200626135736a2.jpg
20200626135736
北海道仕様の特徴のひとつが、「キロ80」の屋根に配置されたアンテナ

模型では、アンテナ部分が後付けパーツとして付属
屋根上の配線は確認できます

このアンテナは、函館-青森を結んでいた「青函連絡船」との
乗船関係の情報をやりとりするために設置されたそうです

今のように、携帯やネットが拡大する状況ではなかった中、
定員数や、海峡を横断する連絡船の運航状況を逐一、利用者への情報として
アナウンスするための重要な連絡源だったのでしょうね

20200626135922a2.jpg
20200626135922
3両目は、「キシ」・・・食堂車です

左側は食堂ルーム、右の2段窓部分は調理室

「はつかり形」のキハ81編成では、この食堂車は、走行用エンジン無しの
無動力(付随車)の「キサシ」(サは付随車の意)だったそうですが(発電用は1基搭載)

キハ82編成からは、動力用エンジンを2基搭載した「キシ」となり、走行能力が格段に
アップされたそうです(発電用エンジンは撤去。調理器具用電源はキハ82から供給)

20200626140011a2.jpg
20200626140011
高窓が並ぶ所は、食堂ルームへの通路

その奥に見える壁の向こう側に調理室があります

20200626140818a2.jpg
20200626140818
3、4両目の「キシ80」+「キハ80」

7両編成の中、グリーン車が2両目、食堂車が3両目とやや偏った位置に・・・。

グリーン車利用客の食堂利用を容易くし、食堂車利用客のグリーン車内通り抜けを
極力、避けるための配置だったのかもしれません

20200626140040a2.jpg
20200626140040
普通中間車の「キハ80」

基本構造は、「はつかり形」のキハ80とほぼ同じで、車番も続番
(キロ80は、「白鳥形」から水タンク増設がありましたが、車番は続番)

20200626141240a2.jpg
20200626141240
左は、1968年に登場した「キハ181

右の「キハ82」とは、運転台窓上のライトケースの形で見分ける事が出来ます

20200626141341a2.jpg
20200626141341
手前が「キハ181」、奥が「キハ82」

運転室後方の機器室(グリルの部分)の長さが異なります

キハ181には走行用エンジンと発電用エンジンを搭載

強力な走行エンジンにより床下艤装に余裕がなく、走行用・発電用エンジンの
冷却器(ラジエター)を床上の機器室への配置となったそうです

20200626141804a2.jpg
20200626141804
更に1986年に登場した「キハ183系500番台

「キハ82」の乗車経験は、高校の修学旅行でした

初日、午後、「上野」を出発する583系「みちのく」で「青森」へ

2日め:0時すぎに出航する「青函連絡船」で「函館」へ

4時50分発の特急「北海」に乗り換え・・・これがキハ82系でした

当時、函館~札幌間では、「おおぞら」、「北斗」が室蘭線経由でしたが
この「北海」1本のみ、「函館本線」経由・・・現在、函館本線(山線)
経由の優等列車はないので、今、思えば貴重な体験でした

朝食は、ホタテの駅弁、ご飯の上にホタテが敷き詰められていました
でも、貝が苦手な私は食べられず、友達に全てやって
タレがついたご飯だけ、食べました

この「北海」で旭川に11時過ぎに到着・・・前日、15時前に「上野」を出発し
20時間を越える乗車でした

その後はすっとバス移動・・・層雲峡見学を経て、温根湯温泉泊(留辺蘂町)

3日目:屈斜路湖、摩周湖を見て、網走天都山へ

網走湖畔のホテルの夕飯では、ひとり1杯ずつの毛ガニが出てびっくり
・・・でしたが、カニ味噌がダメで足をたべただけ

4日目:原生花園経由、知床へ。知床五湖を見て、ウトロ泊

5日目:この日は長距離移動で、阿寒湖を巡り、足寄経由で然別湖温泉へ(泊)

6日目:「富良野」経由で「滝川」に出て、一路「札幌」へ(泊)

7日目:「中山峠」を越え、「洞爺湖」、「昭和新山」を見た後、「函館」へ
「函館山」の夜景を見た後、「青函連絡船」に乗船
「青森」を0時前に発車する、電車寝台「はくつる」で「上野」へ

こんな行程だったと記憶しています
クラス数が多い高校だったので、日をずらして、2クラスずつ出発

宿泊施設にとっては、同じ高校が4連泊する形で
一度に大勢が来るよりは効率良かったのかも

その後、「キハ82系」に乗車する機会は無かった記憶
・・・特急「北海」が唯一でした

その49
キハ183系500番台
その48:キハ283系
その47:箱根登山鉄道モハ2形
その46:E6系
その45:W7系
その44:500系
その43:近鉄12200系
その42:キハ85系
その41:451系
その40:小田急3000系(SE車)
その39:651系
その38:西武30000系
その37:E657系
その36:ED75形700番台
その35:近鉄10100系
その34:東急デハ200形
その33:E353系
その32:257系0番台
その31:EF64形1000番台
その30:169系
その29:313系3000番台
その
28:371系
その
27:小田急2300形
その
26:会津鉄道キハ8500形
その
25:157系
その24:483系
その23:キハ57形
その22:小田急3000形(SSE車)
その21:E351系
その20:小田急9000形
その19:6050系
その18:583系
その17:北越急行683系8000番台
その
16:383系
その
15:東武1700系
その
14:京王5000系
その
13:EF63形
その
12:キハ181系
その
11:名鉄キハ8000系
その10:キハ85系
その
:西武E851形

その
:北越急行HK100形
その
:キハ183系500番台
その
:DD54形
その
:EF57形
その
:名鉄キハ8500系
その
:EF71形
:E10形
その
:伊豆急100形


この後も、不定期で更新します/
関連記事

2020.07.10 


Secret