新型肺炎による緊急事態宣言が解除されました

ただ、コロナ禍前と同様に
旅行・散策しても良いのか・・・
ウィルスが駆逐された訳ではなく、ワクチンが普及した訳でもなく
個人的には少々、不安を感じています

また、観光施設によっては、休止中だったり、他県からの訪問を制限
公共交通機関の運行状況の下調べもまだの状況で
ごく近所以外は、これから1からの情報収集となり、日程も未定

申し訳ありませんが、もう暫くの間、
過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

記事は、前出同様、掲載写真を再編集、また文章も、
現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第5弾は、間もなくやってくる梅雨が明けた頃、
2013年7月19~20日の長野県へ
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「戸隠・信濃大町の旅」(再)のトップ記事は
こちら




130719101003z2.jpg

130719101003
石段を登り始めて5分程で「奥社」らしき社が見えてきました

標高は約1370mくらい・・・随神門から高低差で130m程、登っています

混雑時にはこの階段に行列ができるそうです

今日は・・・誰もいません
130719101045z2.jpg 130719101045
息切れしつつ、石段を登ると・・・
左側に「九頭龍社」

地主神の「九頭龍大神」を御祭神で、水を司る神として
農業に従事している人たちの信仰を集めていた・・・そうです。

また、雨乞い、虫歯、縁結びの神としても信仰されている・・・そうです。


130719101057z2.jpg

130719101057
更に右に上がった所に戸隠神社「奥社」が・・・
右上の方に「戸隠山」の絶壁の一部が僅かに見えます

雲が無ければ、社を覆いかぶさるような迫力の山並みが見える・・・筈でした


130719101258z2.jpg

130719101258
「戸隠奥社」

御祭神は天照大神が天の岩屋にお隠れになった時
天の岩戸をお開きになった天手力雄命(あめのたじからおのみこと)
・・・だそうです。

有名な「天の岩戸伝説」の地です

130719101407z2.jpg

130719101407
ちょっと一休み

予定では10時10分から30分まで「奥社」に滞在

予定通りになりました

130719101528z2.jpg
130719101528
花の名前は判りません・・・紫陽花の仲間でしょうか

予定では、「戸隠山」の断崖絶壁シーンを撮るつもりだったのですが、
雲の中(日頃の行い・・・が出てしまった)

長居する必要も無くなってしまい・・・そこそこに出発する事にしました


130719togakushi03.jpg
この後、一旦、参道を戻り、「鏡池」へ向かいます

後日、リベンジで訪れた「戸隠奥社」(2016年5月)

160521112441a2.jpg160521112441
奥社の背後には、この岩峰がそびえていました

撮影日:2013年07月19日
つづく(全47回)

関連記事

2020.06.05 


Secret