新型肺炎による緊急事態宣言が解除されました

ただ、コロナ禍前と同様に
旅行・散策しても良いのか・・・
ウィルスが駆逐された訳ではなく、ワクチンが普及した訳でもなく
個人的には少々、不安を感じています

また、観光施設によっては、休止中だったり、他県からの訪問を制限
公共交通機関の運行状況の下調べもまだの状況で
ごく近所以外は、これから1からの情報収集となり、日程も未定

申し訳ありませんが、もう暫くの間、
過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

記事は、前出同様、掲載写真を再編集、また文章も、
現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第5弾は、間もなくやってくる梅雨が明けた頃、
2013年7月19~20日の長野県へ
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「戸隠・信濃大町の旅」(再)のトップ記事は
こちら




130719105500z2.jpg
130719105500
水面が鏡のように静か・・・鏡池の命名の謂れだと思いますが

肝心の「戸隠山」の山頂部が雲の中

130719105741z2.jpg 130719105741
見えている山容は、多分、半分ほど

今回の旅行は、「戸隠山」の険しい山容を見るのが
主目的でしたので・・・残念


130719110241z2.jpg

130719110241

「戸隠山」は標高1904m

数百mの断崖絶壁がほぼ垂直に連なっているそうです(見えませんでしたが)

この山での事故は、滑落や転落ではなく、墜落・・・なのだそうです


130719110406z2.jpg
130719110406
晴れていたら、水面に映る緑も
もっと綺麗だったのでしょう

130719110608z2.jpg
130719110608
どんぐりハウス脇にあった案内板

auは、この辺りでも「圏外」でした


130719110619z2.jpg
130719110619
案内板の写真から
晴れていたら、こんな風に見えているそうです

標高の高い「西岳」は、「戸隠山」とは別の山だそうです

稜線が見えないまま、撮った岩壁・・・「戸隠山」なのか「西岳」だったのかも不明のまま

良い景色も見れないので・・・予定より30分早く、「小鳥ヶ池」に向う事に




2016年のリベンジ再訪で、「戸隠山」の姿を見る事ができました

160521123546a2.jpg160521123546
池面は波打っていましたが、山の姿は案内板の写真と同じです

その時の記事はこちら

撮影日:2013年07月19日
つづく(全47回)

関連記事

2020.06.06 


Secret