新型肺炎による緊急事態宣言が解除されました

ただ、コロナ禍前と同様に
旅行・散策しても良いのか・・・
ウィルスが駆逐された訳ではなく、ワクチンが普及した訳でもなく
個人的には少々、不安を感じています

また、観光施設によっては、休止中だったり、他県からの訪問を制限
公共交通機関の運行状況の下調べもまだの状況で
ごく近所以外は、これから1からの情報収集となり、日程も未定

申し訳ありませんが、もう暫くの間、
過去の散策記事を再掲載させて頂く事にしました

記事は、前出同様、掲載写真を再編集、また文章も、
現状に沿わない場合、変更しての掲載とさせて頂きます

第5弾は、間もなくやってくる梅雨が明けた頃、
2013年7月19~20日の長野県へ
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「戸隠・信濃大町の旅」(再)のトップ記事は
こちら




130719140021z2.jpg
130719140021
姨捨(おばすて)」駅に向って登っていきます

平坦な盆地上では、交互に加速と惰行を繰り返しての運転でしたが
「稲荷山」
駅からは、モーター音を唸らしながらの連続力行運転

乗り鉄にとって、ワクワクする瞬間です
130719140056z2.jpg 130719140056
青空が広がっています

「姨捨」を訪れて、こんな青空を見たのは初めて


130719140328z2.jpg
130719140328
この辺りで標高約490m

「篠ノ井」駅から140m程登ってきました


130719140351z2.jpg
130719140351
広がる「長野盆地」・・・「善光寺平」とも呼ばれています。

正面奥の方向に「長野」市があります


130719140413z2.jpg
130719140413
「姨捨」の集落・・・まもなく駅の下を通過します

「姨捨」駅は反対側の窓の上・・・崖上にあります
電車は一旦、通り過ぎる形になります

130719140526z2.jpg
130719140526
「姨捨」駅はスイッチバック方式

普通電車は一旦、「松本」寄りの引き込み線に入ります

130719togakushi08.jpg

130719140619z2.jpg
130719140619
バックで「姨捨」駅に向います(写真左方向へ移動中)

下に見える線路を先ほど登ってきました(右方向に)


130719140706z2.jpg
130719140706
「姨捨」駅に到着です

撮影日:2013年07月19日
つづく(全47回)

関連記事

2020.06.09 


Secret