国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第6弾は、2013年10月19日の群馬県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「上越国境の散策」(再)のトップ記事は
こちら


「一の倉沢出合」をあとにします

131019101756z2.jpg

131019101756
絶壁の眺望を期待していた「一の倉沢」もダメでした

プランではゆっくり写真を撮る時間を取っておいたのに
・・・やる事が何もなく、45分早く、出発

131019101931z2.jpg 131019101931
「魔の山」と言われている「谷川岳」・・・これまで800人以上の遭難者が出ています

道脇にある岩壁には数多くの慰霊のレリーフに
家族や山仲間からのメッセージが記されています


131019101954z2.jpg
131019101954
レリーフの下に設けられた祭壇には供花もされています

昨日?今日・・・つい最近、慰霊に訪れたような感じです


131019102252z2.jpg
131019102252
「一の倉沢出合」から先は車両通行禁止

でも、国道です

「一の倉沢」までは多いですが、その先に進む観光客は少ない様子

道幅も狭くなります・・・路肩の脇は一気に落ち込む崖です

131019102542z2.jpg
131019102542
「土合」駅から5.4km歩いた事になるのですね

「蓬峠」までは歩いて4時間ほど・・・峠を越えると「新潟県」です

131019102824z2.jpg
131019102824
ズームレンズで望んだ「湯檜曽川」
はるか下・・・

「湯檜曽川」沿いの新道へは一気に120m下る急坂・・・
登りたくはないですね


131019102911z2.jpg
131019102911
しばらく行くと、「旧清水越国道の石垣」との標識が・・・
この国道、明治18年には馬車交通が可能なように改修されたそうです。

それ以前だと、あの上杉謙信が北条氏が支配する関東攻めの際、
この「清水峠」越えの道を利用したとか・・・歴史がありますね

当時は、今ほど、道幅も広くなかったと思いますが・・・
馬に乗った武将もここを通ったのでしょうか?


131019103337z2.jpg
131019103337
進むに連れ、木々が鬱蒼と・・・
それにしても、目に映える紅葉はどこ?

所々に水たまりが・・・ここ数日、雨降りはなかった筈だけど
今朝方、かなり降ったのでしょうか

ぬかるみでは慎重に・・・


131019103428z2.jpg
131019103428
危険の旗の付いたロープが・・・この先は進行禁止って事?

あ!「禁止」なら「通行止め」の筈
気を付けて行きなさいよって事ですね

で、いいんだよね?


131019103449z2.jpg
131019103449
路肩が崩れたようです
怖々、土のうに近づいて覗いてみると・・・沢まで一直線の崖
100m近くあるのではないでしょうか

路肩が滑るので、これ以上、近づけません

向こう側の崖、岩盤が見える辺り、この道が続いているような感じです


131019103511z2.jpg
131019103511
崩れた所から見渡してみると・・・正面に「白毛門」

左側に見えるのは「笠ヶ岳」(1852m)
その右奥は「朝日岳」(1945m)・・・かな?

向こう側の山々は随分、見通しが良くなってきました

けど、肝心の「谷川岳」は・・・


撮影日:2013年10月19日
つづく(全19回)

関連記事

2020.06.24 


Secret