国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第6弾は、2013年10月19日の群馬県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「上越国境の散策」(再)のトップ記事は
こちら


一の倉沢出合」にいます

131019111349z2.jpg

131019111349

正面左にそびえる、数多くの岩峰の山塊
「ドームの頭」と言われている所・・・でしょうか

色々検索しているのですが・・・確信が持てず

間違っていたらゴメンなさい
131019111654z2.jpg 131019111654
その「ドームの頭」?の左側が「谷川岳」のひとつの山頂「オキノ耳」(1977m)?

131019111711z2.jpg
131019111711
左側が「国境稜線」、右へ向かって凹みが「ノゾキ」、その横の「烏帽子岩」
そして、「一の倉岳」・・・だそうです

131019111820z2.jpg
131019111820
「一の倉沢出合」にある駐車場に掲げられた案内板

「倉」とはこの地方の方言で、岩や岩壁の事・・・だそうです


131019111830z2.jpg

131019111830

同じく、駐車場に掲示されている「清水峠越新道」の解説板

「群馬県」側は徒歩での通行は可能だそうですが
「新潟県」側はトンネルが崩壊埋没、橋は全て流されて
通行不能になっているそうです


131019111853z2.jpg
131019111853
ちょっとだけ色づき始めています

紅葉の真っ盛り・・・には早すぎた訪問でした


131019111952z2.jpg
131019111952
「烏帽子岩」と「一の倉岳」(1974m)

ガスはすっかり晴れましたが、陽射しはありません


131019112033z2.jpg

131019112033

「烏帽子岩」(左)と「一の倉岳」のズーム

「烏帽子岩」の下部に見える岩壁が「衝立岩」


131019112043z2.jpg
131019112043
「一の倉岳」の右奥に見えるのは、「茂倉岳」(1977m)でしょうか?

131019112200z2.jpg
131019112200
「一の倉岳」の右側から、再びガスが・・・

先程訪れた「幽の沢」では、岩壁が再び、隠れてしまったかもしれません

131019112219z2.jpg
131019112219
往路では全く見えなかった「一の倉沢」の岩壁・・・
見渡すことが出来ただけでも、御の字?

「マチガ沢出合」に戻ります


撮影日:2013年10月19日
つづく(全19回)

関連記事

2020.06.25 


Secret