国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第6弾は、2013年10月19日の群馬県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「上越国境の散策」(再)のトップ記事は
こちら


「マチガ沢」に着きました

131019113810z2.jpg131019113810
往路では手前の木々しか見えなかったのに
奥の山容が見渡せます

131019113825z2.jpg 131019113825
ガスで隠れていた「マチガ沢」・・・こんなに広いとは思いませんでした

垂直な壁が連なる「一の倉沢」が陰の沢としたら、「マチガ沢」は陽の沢といった印象


131019113921z2.jpg
131019113921
右の頂きが、谷川岳「オキノ耳」の頂上のようです
その左の凸が双耳峰の片方・・・「トマノ耳」(1963m)?


131019114029z2.jpg
131019114029
凸から左に伸びているのが「西黒尾根」・・・だと思います

ところで、行きに乗った「上越線」の線路
正面下部にわずかに見える岩肌の辺りの地下深くを通っています(清水トンネル)
この先、「一の倉沢」の下を通り、「新潟県」へ・・・


131019114401z2.jpg
131019114401
「マチガ沢出合」の休憩ベンチ
ハイカーの方々はランチタイム?

まもなく12時・・・って言うか、往復してきて、まだ12時?
一日が長い・・・


131019114509z2.jpg

131019114509
「マチガ沢」をあとにします

岩壁が見えたのはラッキーでしたが、次回は青空の時に見たいものです・・・


131019115432z2.jpg
131019115432
ガイドさんが引き連れたハイカーさん集団とすれ違い

ガイドさんが立ち止まって説明を始めて・・・

豪雪地帯では若木はしなりがあって、真っ直ぐに伸びても耐えられるが
年月と共に固くなると雪の重みで折れてしまう

なので、その重みに耐えられるように、根元付近から曲がっている
・・・そうです

タダ聞き、すいません


131019120105z2.jpg
131019120105
「マチガ沢出合」から15分
天神平へのロープウェイが見えてきました

手前の骨組みは、車両通行止めのゲート・・・先の駐車場には観光バスが多数


131019120337z2.jpg
131019120337
朝は見えなかったロープウェイの行先、意外と近いのですね

ロープウェイの駅舎付近が「天神平」、駅舎奥の頂きが「高倉山」(1449m)、
右の頂きが「天神峠」(1502m)・・・だそうです


131019121356.jpg
131019121356
ロープウェイ「土合口」駅駐車場

予定では13時5分に到着でしたが50分程早着
丁度、12時15分発のバスが待機中

次のバスは1時間後なので、乗るしかない

トイレ行って、一服して・・・だけの慌ただしさ


撮影日:2013年10月19日
つづく(全19回)

関連記事

2020.06.26 


Secret