国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


早朝の中込の街を散策です

131130081410z2.jpg
131130081410
晴れ渡って、くっきり見える「浅間山」を見渡せる
ポイントを探しに、駅の東側を歩きました

でも、街中なので、どうしても電線や電柱が視野に入ってしまいます

131130081457z2.jpg 131130081457
電線が入らないように撮ると頂上部分だけ

のっぺりとした高原風に見えて
高度感や裾野の広がりを感じる事ができません


131130081948z2.jpg
131130081948
うまくアングルが取れないので駅に戻ります

というか、地図を持たずに住宅街を長々と歩くのは非常に危険
目印となる建物が無くて駅への帰り道が判らなくなる恐れが・・・


131130082149z2.jpg
131130082149
駅前からも「浅間山」が望めます

駅前の案内板を見ると、駅の西側の「千曲川」付近からの方が見渡せたみたい

チェックしておくべきでした・・・


131130083011z2.jpg
131130083011
ホームに入ると「小諸」行きのディーゼルカーが停車中

これから乗るのは、これではなく08:40発の「小淵沢」行きです

131130083058z2.jpg
131130083058
跨線橋から・・・「浅間山」って独立峰のイメージでしたが
西側に山並みが連なっているのですね

「浅間山」の左隣が、「東籠ノ登山(ひがしかごのとやま)」(2227m)
その左が、「湯ノ丸山」(2101m)・・・でしょうか

その左のなだらかな山並みの奥には、「菅平高原」が広がっています

131130083441z2.jpg
131130083441
ホームに掲示されていた駅の標高案内
順位は、全国のJR線での標高の高さです

「野辺山」駅を中心に5位まで表記されていますが
5位以降、9位まで、この「小海」線の駅です

この「中込」駅は、標高673.4m
これから向かう「野辺山」駅は、標高1345.7m

これから672.3m登っていきます


131130083604z2.jpg
131130083604
ちょっと「鉄分」濃い目のご紹介ですが・・・

このディーゼルカー、最近の自動車でも流行のハイブリッド・・・
世界発のハイブリッドの営業車両なんです

形式は「キハE200」
キハはディーゼルカーの普通車、EはJR東日本の「東」Eastから

今までのディーゼルカーはディーゼルエンジンを作動し
変速装置や歯車を経由して車輪を回して動く仕組みでした

このハイブリッドトレインは、排ガス対策をしたディーゼルエンジンで
発電機を起動して、リチウムイオン蓄電池に電気を溜めます。

発車する時は、蓄電池に溜めた電気でモーターを動かし、静かに発車
(それまでは発車時にエンジンをふかして、排煙とエンジン音がすごかった)

加速する時は、ディーゼルエンジンを動かし発電。
蓄電池の電気と共にモーターに供給します。

ブレーキをかけた時は、逆に車輪の回転でモーターを廻して、発電。
その電気を蓄電池に溜めます。

停止している時は、アイドリングストップ。
車内の照明や空調は蓄電池の電気を供給・・・だそうです

難点は、モーターとエンジン両方を搭載してて重たい・・・
加速がやや苦しい事


撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.06.29 


Secret