国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


野辺山」駅に着きます

131130095022z2.jpg
131130095022
エンジン音を響かせて、あえぎながら
長い登り坂、狭い谷あいを抜けて「野辺山高原」に上がってきました

雲の中を飛んでいた飛行機が雲の上に出た・・・みたいな広々とした青空
今までの山あいの風景が一変・・・平坦な畑が広がる高原です

「信濃川上」駅を出て、右カーブの後、グングン坂を上って、
この高原に至るこの区間は、「小海」線の中、最もドラマチックな車窓でした
131130095112z2.jpg 131130095112
頂上部分に雪をかぶった「八ヶ岳」の山並みも目の前

131130095348z2.jpg
131130095348
ディーゼルカーはまだ「力行運転中」・・・少しずつ登って行きます

なだらかに見える高原ですが、「野辺山」駅まであと100mほどの登り

牧場でしょうか・・・サイロのような施設も見えます


131130koumi05.jpg
自転車旅行の際、「松原湖」の迂回の後、あのヘアピンカーブに突入

広々とした高原に辿り着いた時には息も絶え絶え
もう頂点に着いたと思ったのですが、のんびりと牛が集う牧場の真ん中を
更に緩やかに登る道が続き、果てしなく感じました

当初、「碓氷峠」越え(群馬・長野)が難所だと思っていたけど、標高差は300mほど。
中込~野辺山は670m・・・こちらの方が難所でした

ただ、ヘアピンカーブの先に見えた巨大な八ヶ岳の姿・・・とても印象深かったですね


131130095541z2.jpg

131130095541

09:55、「野辺山」駅に到着です

標高1345.6m、JR線で一番高い駅・・・「中込」駅から672.3m登ってきました

この日の9時50分の野辺山の気温は1.1度by気象庁
さすがに空気が冷たいです


131130095749z2.jpg
131130095749
朝10時前だからか・・・駅前は閑散としています
でも、ここは観光地じゃなかったっけ?

駅舎は線路の西側に・・・午前中なのでまだ逆光


131130095805z2.jpg
131130095805
駅前から「八ヶ岳」へ道がまっすぐ伸びています

正面に見える頂上は、「赤岳」(2899m)・・・だと思います

にしても、人も車も・・・誰も居ないなあ


撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.06.30 


Secret