国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「野辺山」駅から歩き出します

131130095858z2.jpg
131130095858
朝10時の「野辺山」の気温は1.3度by気象庁

駅前広場を左折、歩き出します
時折、車と行き交いますが、道を歩く人は皆無

131130100509z2.jpg 131130100509
雲一つ無い「八ヶ岳」の空
電信柱と電線が額縁の縁のよう

「小海」線の踏切を渡ります
ここを通る列車は、一日21本、開かずの踏切とは無縁です


131130100845z2.jpg
131130100845
どこからか、牛の鳴き声が聞こえます

飼料らしき物が積まれているので、ここが牧場?

131130101051z2.jpg
131130101051
正面の背の高い山が最高峰の「赤岳」(2899m)、その右側が「横岳」(2829m)、
右隅の丸みを帯びた山が「硫黄岳」(2760m)・・・だそうです

「硫黄岳」の右(北方向)の「夏沢峠」が「北八ヶ岳」と「南八ヶ岳」の境界なのだそうです


131130101219z2.jpg
131130101219
高原らしい風景です

「野辺山」は高原野菜の産地としても有名・・・ここもレタス?キャベツ?畑でしょうか

にしても、風が冷たい

遮るものが無くて、まともに風が当たる~
・・・撮りにくいけど、手袋をはめました


131130101347z2.jpg
131130101347
林の向こう側に、パラボラアンテナが見えてきました

「国立天文台野辺山宇宙電波観測所・太陽電波観測所」・・・です

アンテナが見えても入り口はまだ先です・・・


131130101748z2.jpg
131130101748
「赤岳」の左・・・ちょっと低いのが「牛首山」(2280m)

その左に、「旭岳」(2672m)、「権現岳」(2715m)と連なっています


131130koumi06.jpg
「国立天文台野辺山」の入り口まで「野辺山」駅から約2km

交通アクセスは車か歩き・・・


131130102209z2.jpg
131130102209
「野辺山」駅から歩き出して約25分・・・「国立天文台野辺山」に到着です

この間、途中道で歩行者と出会う事はありませんでした
この辺り、人が住んでいるのでしょうか?

131130102355z2.jpg

131130102355
この辺り、航空路になっているのでしょう・・・頻繁に飛行機が飛んできます

方角的に、「東京」から・・・かな?

飛行機のお客さんも、晴れ渡った「八ヶ岳」が見えて、感動している事でしょう


撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.07.01 


Secret