国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「国立天文台野辺山です

131130103149z2.jpg

131130103149
「ミリ波干渉計」の先、300mほど先に・・・1基

「45m電波望遠鏡」

45mとはアンテナの直径

小学校の25mプールの倍近く
スイミングスクールの50mプールには、ちょい負ける

でも、そんな大きさのアンテナです

アンテナのお値段は約100億円、
重量は、約700トン

アフリカ象の重さが約7トンなので700頭が浮いている状態

パオーン

131130103322z2.jpg 131130103322
近づいていくと、赤いコーンが・・・「立入禁止」ではなく、
「ご遠慮ください」の優しい文言

観測中?で真下には行けません・・・

以前、訪れた際は、内部見学も出来ました
ただ、あの時は真夏の頃・・・

大気中の水蒸気が少ない11月から5月の間が
観測にうってつけの時期だそうです。

電波望遠鏡なので、昼間も含め、一日中観測しているそうです

夏場は観測しにくい時期だったので、見学も可能だったのですね

131130103401z2.jpg

131130103401
アンテナの下部には5階建てに匹敵する高さまで、機器関連施設

この電波望遠鏡は、ミリ波観測では、世界最大級だそうです

今まで観測した最遠の電波は、地球から100億光年以上先
もし、その光を見る事ができたなら100億年前の光を見たって事

平均寿命80歳でも、生きられるかどうかの私には・・・想像が出来ません


131130103421z2.jpg
131130103421
雨が降ったら・・・アンテナのパネル間に隙間があるので溜まらない

雪が降ったら・・・アンテナを垂直にして風下を向く
付いちゃったら、翌日、太陽に向ける

落雷には・・・避雷針が付いている
けど、一度、落ちて、アンテナの一部が壊れた

地震には・・・かなり大きな地震でも壊れない
けど、人の感じない地震で観測に影響あり

「天文台」のQ&Aから・・・


131130103737z2.jpg

131130103737
直径45mだと、周囲の長さは約141m

ちょうど、見学されてる家族連れが・・・アンテナの大きさが判ります

このアンテナを鍋の器にしたら・・・ギネス級の鍋料理になる筈


131130koumi_07.jpg

広大な敷地ですが、見学可能な所は限定でした

約1kmの歩みで収まるかもしれません

撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.07.02 


Secret