国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


平沢峠・しし岩に着きます

131130112451z2.jpg

131130112451
天文台から約30分・・・1kmちょっとの道のりですが、
後半の登り坂がキツかった・・・

途中までほぼ平坦だったのに、後半だけで100mの標高差

歩いている人なんか皆無

途中、追い抜かれたのがクロネコヤマトの宅急便のトラックが1台
こんな所まで配達を・・・ご苦労様

道端から独特の形をした岩が見えてきました

多分、しし岩・・・でしょう

131130112638z2.jpg
131130112638
標高は約1450m

ハイクで有名な「飯盛山(めしもりやま)」(1643m)への登山口が分岐している所です

その登山口に向かい側に駐車場があります


131130112718z2.jpg
131130112718
駐車場がある理由のひとつがこの景色

「八ヶ岳」が見渡せる、ビュースポット


131130112800z2.jpg
131130112800
左に視線を向けると・・・南アルプス・「甲斐駒ヶ岳」(2967m)

「駒ヶ岳」と名のつく独立した山は全国に18山
あるそうですが、この「甲斐駒ヶ岳」が最高峰だそうです


131130112901z2.jpg
131130112901
南八ヶ岳の全容が、見渡せます

右(北方向)から、「硫黄岳」、「横岳」、「赤岳」、「牛首山」、「旭岳」、「権現岳」と
2500~2800m級の山容が連なる姿を一望に


131130112951z2.jpg
131130112951
駐車場の右側は、道路から見えた「しし岩」が小高い丘の上に・・・

あのひとつの岩だけではなさそうです


131130113033z2.jpg
131130113033
「甲斐駒ヶ岳」から更に左に視線を向けるとどっしりとした山容が・・・

駐車場の案内看板を見ると・・・南アルプスの「北岳」(3193m)でした

富士山に次ぐ、日本で2番目に高い山

この北岳は周囲を高山に囲まれているので、低い所からだとなかなか姿を見る事ができません

甲府盆地からだと、頂上部分が僅かに見えるだけ・・・
これだけの姿でも、見る事が出来て、感動です


131130113101z2.jpg
131130113101
「甲斐駒ヶ岳」(2967m)と「北岳」(3193m)の並び

「北岳」の左は「鳳凰三山」(最高峰は観音岳2840m)

いずれも「日本百名山」に選定されています


131130koumi08.jpg
「北岳」を中心とする「南アルプス」は、JR中央本線、中央自動車道、国道20号を
挟んで、南西側に位置します

131130113151z2.jpg
131130113151
そして、「八ヶ岳」も「日本百名山」に選定

閉まった売店があるだけの駐車場だけど、この場所から、
日本百名山を4つ見る事が出来るって事ですね

贅沢~


撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.07.03 


Secret