国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「平沢峠」駐車場です

131130115244z2.jpg
131130115244

この「平沢峠」を知ったのは個人様の「
信州絶景スポットベスト20」のサイト

その中で12位で
紹介されていました

以前もご紹介した事がありましたが、
今年の夏は、
2位の鷹狩山展望台を訪れて・・・絶景を楽しむ事が出来ました

今後の散策も、こちらのサイトを参考に出かけたいと思っています・・・

131130115321z2.jpg
131130115321
道沿いの駐車場の脇に・・・「日本の分水嶺」の看板

最初、観光目的の立て看板?って思ってたところ
社団法人)日本山岳会が設定したそうです

中央分水嶺踏査

その中で、
山梨支部様が調査・・・報告書にきちんと記載されていました

軽くみてしまって、大変失礼を・・・


131130115423z2.jpg

131130115423
お昼近くなっても、「北岳」(3193m)がくっきりと見えます

電線が邪魔~


131130115448z2.jpg
131130115448
左から「権現岳」(2715m)の双耳峰、「旭岳」(2672m)をズーム

「旭岳」の右にはキレット(切戸)と呼ばれる稜線が深く切れ込んだ箇所

「権現岳」からキレット底部までは標高差が275mもあるそうです

その底部から北(右の)「赤岳」(2899m)への登りは標高差459m・・・難所ですね


131130115549z2.jpg
131130115549
山岳地帯ですと、午後に近づくほど、雲が出やすくなるのですが
一片の雲も見られません

この日の野辺山の12時の気温は2.8度by気象庁
この「野辺山」の
観測地点は標高1350m地点

そこより100m高い1450mにある平沢峠は2.2度
(標高2000mまでは100m毎に0.6度低くなる・・・そうです)

陽射しはあるけど、風も強いし・・・もっと低いのかも


131130115653z2.jpg
131130115653
駐車場には10数台の車が駐車中

でも、駐車場にも「しし岩」にも人の姿は見えません

多分、「飯盛山」へ登山・・・なのでしょう


撮影日:2013年11月30日
つづく(全26回)

関連記事

2020.07.04 


Secret