一時、感染者数が低い数値にとどまり始め、
少しずつ日常生活に戻っていくのかと安堵していたのですが
7月に入り、都内では感染者数が3桁と・・・再び、状況が悪化した様子です

現時点(7月15日)では、自粛や緊急事態宣言は発令されていませんが
再び、不要不急の外出は避けた方が良い状況・・・。

残念ですが、もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第8弾は、2014年02月07~08日の長野県への一泊旅
です

東京生まれの東京育ちで、普段、たっぷりの雪を見る機会がなく
一度は見てみたいと、計画しました

その後、例年のように雪国を訪れるようになった「雪見の旅」の第一弾でした


サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅」(再)のトップ記事は
こちら


車内からの撮影で窓ガラスの反射が映り込んでいる写真があります
「虫川大杉」駅を出発です

140207114311z2.jpg
140207114311
11:42発「直江津」行き快速電車が到着
1分遅れ・・・先程とは色が異なる車両です

快速ですが、この先は1駅だけ通過・・・です

「直江津」駅まで20分の旅・・・。

140207114431z2.jpg 140207114431
車内は、ボックスシートではなく、2人がけのシート・・・ちょっと豪華

快速電車はこのタイプなのでしょうか

荷物棚にはイラストが描かれています


140207114635z2.jpg

140207114635

「うらがわら」駅(標高28m)を発車

標高は「平地」並みなのに、まだ豪雪地帯です

先にトンネルが見えています・・・「第二飯室トンネル」だそうです

「第二」ですから「第一」も有るはずなのですが、トンネル間がスノーシェッドで覆われていて
1本のトンネルに感じられます(2トンネル合わせて、約3.5kmだそうです)


140207114740z2.jpg
140207114740
「第二飯室トンネル」に入った瞬間、車内の照明が消えました

運転台からトンネル内を照らすライトが明るく感じる暗さ
・・・車内の柱が青く光ってます


140207114821z2.jpg
140207114821
天井を見上げると・・・一面に映像が・・・

連結面の座席の所だけ照明がついています

このイベントが不要なお客さん、読書するお客さんは、
この照明のついている席をご利用ください・・・との事でした


140207114924z2.jpg
140207114924
2分程でトンネルを出て・・・映像は終了
車内の照明がつきました

旅行後、
調べたら、2両編成の車両それぞれで別の映像が映されるそうです

上映されるのは、長いトンネル内のみ。
時刻表を見ると、通常
2往復
でも、この日、2月7日は
運転日
ではなかったみたい

運よく「変更」があったのかもしれません
現在の上映は日曜日のみとなっているようです)


140207115007z2.jpg
140207115007
「くびき」駅(標高7m)を発車

「くびき」駅は珍駅舎で有名なんですよ
(車内からは裏側しか見えませんでしたが・・・個人様の
ブログサイトから)

山岳地帯を過ぎて、平野が広がってきました・・・頸城平野です

雪が無ければ、一面の水田、コシヒカリの産地です


140207115221z2.jpg
140207115221
平野を高架橋で走ります

速度は100km/h超
「ほくほく」線の快速・普通電車は一部を除き
特急電車に追い抜かれる事のないダイヤです。

でも、後ろから140~160km/hの高速で特急が追いかけてくる・・・
必死に逃げないとならず、高加減速、高速性能の電車が使用されているそうです。

ちなみに朝の一番電車は、「六日町」駅-「犀潟」駅59.5kmを53分で走行・・・
全ての駅に停車する普通電車で平均速度が67.3km

140207yukimi09.jpg

「犀潟(さいがた)」駅からはJR「信越本線」に乗り入れます

140207115423z2.jpg
140207115423
JR「信越本線」の線路と並走します

沿線には松の木の姿が・・・海が近い雰囲気ですね

空の色合いも・・・冬の日本海!!っぽい?


140207115544z2.jpg
140207115544
1分遅れで「犀潟」駅(標高6m)に到着です

「犀潟」駅は、北越急行「ほくほく線」の起点駅ですが
殆どの普通電車が「直江津」駅まで運行します。

だからでしょうか、閑散とした雰囲気のホーム


140207115749z2.jpg
140207115749
JR「信越本線」に入ると、流しているような運転に感じます・・・
「直江津」駅から「新潟」駅まで、普通列車の最高速度は100km/hなんだそうです

ほくほく線の電車の性能だと楽な走り・・・力が余り気味かも


140207120235z2.jpg
140207120235
12:02、「直江津」駅(標高4m)に到着します
1分遅れ・・・

駅構内には、結構、雪が残っています


140207120359z2.jpg
140207120359
「直江津」はどんよりした雲が広がっています

写真では判りにくいですが、雪が舞っています


140207120408z2.jpg
140207120408
13:11発の「信越本線」で「長野」へ向かいます(春日山方面)
青のラインは、JR西日本の路線・・・「北陸本線」

それまで、「直江津」の街を歩いて、「日本海」を見てきます


撮影日:2014年02月07~08日
つづく(全33回)

過去の散策旅シリーズ

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回

関連記事

2020.07.15 


Secret