コロナ禍、感染者数が高止まりしているような状況(09月01日現在)

ずっとこんな状況が続いていて・・・今年、旅する事が出来るのでしょうか・・・

4月以降、過去の散策記事を再掲載させて頂いていますが
この作業にも飽きてきています

第12弾は、2015年12月19日の栃木県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「特別公開へ」(再)のトップ記事は
こちら


地下を進みます

151219090534z2.jpg
151219090534
地下採掘場跡の広さは20000㎡、深さは30m
最深部は60mになるそうです

オープン直後、この地下空間にいるのは、わたしひとりだけ
独占しています

151219090700z2.jpg
151219090700
今夏に訪れた時の室温は11度
外気が30度越えでしたので、避暑にはうってつけでした

冬になって、5度・・・多少は下がりましたが
この日は外気の方が寒い感じです

151219090758z2.jpg

151219090758
所々、地上からの光が射し込みます

射し込んだ先にはオブジェが置かれています

151219090829z2.jpg
151219090829
前回訪れた際は、「假屋崎省吾」さんの作品は
行き止まりの場所に置かれていました

今回は、そこから右へ進んだ空間が公開されています

特別公開のスペースです


151219090916z2.jpg
151219090916
地上からの光が射し込んでくる広いスペース

「教会ゾーン」と呼ばれている場所です

151219091113z2.jpg

151219091113
特徴ある開口部から射し込む光が幻想的な
雰囲気を醸し出しています


151219091243z2.jpg
151219091243
「教会ゾーン」の奥側から振り返ると・・・
隣の空間とはクランク状に繋がっているので
独立した空間のように感じられます

151219091316z2.jpg
151219091316
岩壁に残された跡で、採掘方法の違いが判ります

151219091359z2.jpg

151219091359
チェーンソーが刻んだ溝がブロック塀を積んだように見えます

撮影日:2015年12月19日
つづく(全14回)

過去の散策旅シリーズ

12:特別公開へ(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回
関連記事

2020.09.02 


Secret